スズメバチやアシナガバチに巣を作られて困っています。(自宅に…、隣家に…など)

回答

ハチは4月から6月にかけて巣を作り始めます。
人に危害を及ぼしそうな場所に巣が作られた場合、巣に近づかないでください。
スズメバチの巣は球状でシマ模様があります。
アシナガバチの巣はお椀をふせたような半球状で下から六角形のサナギの部屋が多数見えます。
ハチは、黒っぽいものを敵と見なして攻撃してくるので、ご自分で駆除を行う場合、防護服や白い服を着て、化粧や香水をつけない状態で朝や夕方のハチの動きが鈍い時間帯を選び、市販の駆除スプレーを巣に向けて噴射し続けてください。
ご自分で駆除が難しく生活に支障をきたしている場合は、環境推進課(本庄地域)又は環境産業課(児玉地域)にご相談ください。なお、アパート、マンション、事業所等は、それぞれの管理者が専門業者に駆除を依頼するなど、自己処理をお願いします。

お問い合わせ先
経済環境部環境推進課環境衛生係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1172
ファックス:0495-25-1248
メールフォームによるお問い合わせ