木村九蔵

木村九蔵「1845年~1898年」

上州緑埜郡高山村に生まれた九蔵は、幼少の頃より養蚕に興味を持ち、蚕を飼育して養蚕の研究に励んでいました。23歳のときに児玉郡新宿村で木村家を再興し、研究をすすめて火力を用いて病蚕を防ぎ、飼育日数を短縮する飼育法「一派温暖育」を発表します。
明治10年には養蚕改良競進組を結成。同14年に繭の改良品種「白玉新撰」の発表を行い、同17年には組織を改めて競進社とし、児玉町に事務所と伝習所を開設します。同24年には本庄町に日本蚕種貯蔵株式会社を設立し、同27年には伝習所内に模範蚕室を建設しました。
その後、児玉白楊高等学校の前身とも言える競進社蚕業講究所を設立するなど、生涯をかけて養蚕業や蚕業教育の発展に尽力しました。

木村久蔵の写真

木村九蔵

当時の競進社模範蚕室の様子

当時の競進社

お問い合わせ先
教育委員会事務局文化財保護課文化財保護係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1186
ファックス:0495-25-1193
メールフォームによるお問い合わせ