塙保己一

塙保己一「1746年~1821年」

 盲目の国学者塙保己一は、江戸時代の中頃の延享3年(1746年)に武蔵国児玉郡保木野村(本庄市児玉町保木野)に生まれました。
  7歳の時に病気のために失明し、15歳になって江戸に出て当道座(盲人の組織)に入り、検校雨富須賀一に弟子入りしました。保己一は当道座での修業を積み苦労を重ねて立身し、晩年には当道座の最高位である総検校に昇進しました。
  保己一は国学者としても著名であり、「群書類従」や「続群書類従」の編さん、さらには和学講談所の設立及び運営、当道座の改革など多大な功績を残しています。中でも群書類従の編さんは41年を費やした大事業であり、正編666冊、続編1185冊は、現在、日本の文学・歴史等を研究する上で欠くことのできない重要な資料となっています。
  保己一の生まれた保木野地区には生家(国指定史跡)と墓地があり、アスピアこだま内には保己一の遺品や関係資料(埼玉県指定文化財)を展示する本庄市塙保己一記念館があります。

 

 

「塙保己一の生涯」短縮版 (5分) (MP4:85.3MB)

全編(12分)と「はなわほきいちものがたり」(27分)は、塙保己一記念館でご覧になれます。

 

塙保己一

塙保己一

 

 

塙保己一旧宅(国指定史跡)

塙保己一旧宅(国指定史跡)

塙保己一記念館

本庄市塙保己一記念館

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局文化財保護課文化財保護係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1186
ファックス:0495-25-1193
メールフォームによるお問い合わせ