入院等で多額の医療費がかかるとき

「限度額適用認定証」もしくは「限度額適用・標準負担額減額認定証」を病院の窓口で提示することで、同じ月で同じ医療機関での一部負担金の金額を自己負担限度額までに抑えることができます。

区分ごとに必要な証は以下のとおりです。

 

区分 証の種類

現役並み所得者

1.・2.

限度額適用認定証

低所得者

1.・2.

限度額適用・標準負担額減額認定証
上記以外 被保険者証のみの提示

 

平成30年8月診療分からの自己負担限度額

所得区分 自己負担限度額(月額)
現役並み所得者(1.・2.・3.)の方については、「外来(個人ごと)」及び「外来+入院(世帯合算)」の区分けはありません。
現役並み所得者3. 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
【多数回該当 140,100円】
現役並み所得者2. 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
【多数回該当  93,000円】
現役並み所得者1. 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
【多数回該当 44,400円】

 

所得区分 自己負担限度額(月額)
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯合算)
一般

18,000円

(年間14.4万円上限)

57,600円

【多数回該当 44,400円】

低所得者2.

8,000円 24,600円
低所得者1. 15,000円

 

  • 現役並み所得者3. …課税所得690万円以上の被保険者
  • 現役並み所得者2. …課税所得380万円以上690万円未満の被保険者
  • 現役並み所得者1. …課税所得145万円以上380万円未満の被保険者
  • 一  般 …「現役並み所得者」、「低所得者1.・2.」に該当しない被保険者
  • 低所得者2.…同じ世帯の全員が住民税非課税の被保険者
  • 低所得者1.…同じ世帯の全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費を差し引いたとき0円となる被保険者(年金の場合は年金収入80万円以下)

多数回該当…過去12か月に3回以上の高額療養費の支給を受けている場合において、4回目以降の支給に該当する場合の自己負担限度額です。

 

用意するもの

保険証

 

 申請窓口

保険課(市役所1階)、市民福祉課(総合支所1階)

お問い合わせ先
保健部保険課高齢者医療係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1245
ファックス:0495-25-1190
メールフォームによるお問い合わせ