DV被害母子への心のケアと自立支援について

DV被害を受けた女性とその子どもが同時並行で学べる心理教育プログラム「びーらぶ」を実施

 埼玉県では、DV被害を受けた女性とその子どもを支援するため全市町村と共催で、平成30年度に心理教育プログラム「びーらぶ」を実施します。

 

心理教育プログラム「びーらぶ」とは

  • 母子がそれぞれ同じテーマのプログラムを受けます。
  • 母親のプログラムでは、自己肯定感を高め自分の力を取り戻していきます。
  • 子どものプログラムでは、遊びや人形劇を通じて暴力的でない関係の作り方を学んでいきます。

 

対象: DV加害者と離れて暮らしている女性とその子ども。

     離婚が成立しているか、元には戻らないという意思がある方。

注意1 このプログラムに参加できる子どもはひとりです。

     兄弟や姉妹がいる場合は、託児があります。(小学生でも

     可能です)

注意2 治療中またはカウンセリング中の方は、医師や

     カウンセラーにご確認ください。

参加費: 無料

会場: 申し込んだ方に直接ご案内いたします

問い合わせおよび申し込み先:

 埼玉県県民生活部男女共同参画課

  電話: 048-830-2925

  ファックス: 048-830-4755

  メールアドレス: a2920-04@pref.saitama.lg.jp

プログラム内容及び託児について:

 特定非営利活動法人 パープルネットさいたま

  注意:このプログラムは上記団体に埼玉県が委託して

      実施します。 

 電話: 048-858-5082

 

お問い合わせ先
市民生活部市民活動推進課人権推進・男女共同参画係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1118
ファックス:0495-22-0602
メールフォームによるお問い合わせ