消費税率の引き上げに伴う水道料金及び水道加入金の改定について

水道料金及び水道加入金を改定します

 消費税法等の一部改正により、令和元年10月1日から消費税率が8%から10%へ改定されます。これに伴い、下表に掲げる水道料金及び水道加入金について10月1日から消費税率10%を適用します。ただし、9月30日以前から継続して使用している場合の水道料金については、経過措置として10月1日以降の1回目の検針分に限り、消費税率8%を適用します。

具体的な改定内容

水道料金一覧表(税抜)

 水道料金一覧表は1か月税抜き表記となっております。下表により計算された合計額に、消費税及び地方消費税を別途加算して計算します。

水道料金一覧表

 

水道料金・下水道使用料早見表

【改定後】水道料金・下水道使用料早見表(1ヶ月分) (PDF:37.9KB)

【改定後】水道料金・下水道使用料早見表(2ヶ月分) (PDF:37.7KB)

【改定前】水道料金・下水道使用料早見表(1ヶ月分) (PDF:37.8KB)

【改定前】水道料金・下水道使用料早見表(2ヶ月分) (PDF:29.6KB)

 

水道加入金一覧表(税込)

 水道加入金とは、給水装置の新設(新たに水道を引く)や増径(口径変更)するときに納付していただくものです。10月1日以降の給水装置工事の申し込みから消費税率10%を適用し、下表のとおり改定します。

水道加入金一覧表(税込)

 

水道料金への新税率適用の時期について

水道料金への新税率適用の時期

ご注意 

 令和元年10月1日以前から継続して使用している水道料金・下水道使用料で、検針期間が改定日をまたぐ10月検針及び11月検針につきましては、改定前の料金及び税率(8%)による算定となり、12月以降の検針分から改定後の料金及び税率(10%)による算定となります。

 令和元年10月1日以降に転入又は転居等により新たに給水契約を申し込まれた場合は、10月検針分及び11月検針分から改定後の料金及び税率(10%)が適用されます。

 なお、官公庁などのように1か月単位で検針を行っている場合、経過措置として9月30日以前から継続して使用しているお客さまに限り、10月検針分は改定前の料金及び税率(8%)による算定となり、11月以降の検針分から改定後の料金及び税率(10%)による算定となります。

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。