本庄市 内水はん濫ハザードマップ

内水はん濫とは

河川の水を外水と呼ぶのに対し、堤防で守られた内側の土地(人がすんでいる場所)にある水を「内水(ないすい)」と呼びます。

大雨が降ると、側溝・下水道や排水路だけでは降った雨を流しきれなくなることがあります。また支川が本川に合流するところでは、本川の水位が上昇すると、本川の外水が小河川に逆流することもあります。

このように、内水の水はけが悪化し、建物や土地・道路が水につかってしまうことを「内水はん濫」といいます。

内水はん濫ハザードマップとは

近年、市街地化の進展や局地的な大雨(ゲリラ豪雨)の増加に伴い、側溝・下水道や排水路の雨水排水能力を上回る雨水流出が頻繁に生じています。

本庄市では浸水に関する情報の共有や、平常時からの防災意識の向上がはかれるよう内水はん濫ハザードマップを作成しました。

本庄市内水はん濫ハザードマップ(記事面)(PDF:5.2MB)

本庄市内水はん濫ハザードマップ(地図面)(PDF:10.4MB)

 

なお、市では洪水ハザードマップも作成、配布済です。ご家庭内で貼るなどして、併せてご活用ください。

本庄市洪水ハザードマップ

お問い合わせ先
上下水道部下水道課
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1146・0495-25-1147
ファックス:0495-25-1145
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。