各手帳で利用できる主な福祉サービス

 身体障害者手帳、療育手帳(みどりの手帳)、精神障害者保健福祉手帳を持つ人は、障害の程度(等級)に応じて次のような各種福祉サービス等を利用することができます。
 なお、要件により受けられないものもありますので、不明な点は障害福祉課(市役所1階)又は支所市民福祉課(アスピアこだま1階)へお問い合わせください。

 

手当・医療費等の助成

  • 在宅重度心身障害者手当は、次のいずれかに該当する人に手当が支給されます。
  1. 身体障害者手帳1・2級の人
  2. 療育手帳(みどりの手帳)マルA(最重度)・A(重度)の人
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級の人
  4. 超重症心身障害児(一定の要件があります。)
  • 重度心身障害者医療費の助成は、次のいずれかに該当する人の医療費を助成します。
  1. 身体障害者手帳1~3級の人
  2. 療育手帳(みどりの手帳)がマルA(最重度)、A(重度)、B(中度)の人
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級の人
  4. 65歳以上で高齢者の医療の確保に関する法律の障害認定を受けた人
    • 注意  平成27年1月以降に65歳以上で新規に手帳を取得した人は、助成対象外です。
  • 自立支援医療費の助成
  1. 更生医療  身体障害者手帳を持つ人で、障害の軽減や機能回復のための医療を公費で受けられます。
  2. 精神通院医療  精神疾患の治療のために通院している人は、医療保険の種別に関係なく、通院医療費の自己負担額が1割になります。
  3. 育成医療  障害のある児童に早期に治療を行い、生活能力を持たせるための医療を医療機関で受けた場合に、医療費の自己負担額が1割になります。
    注意:所得に応じた自己負担金軽減制度があります。
  • 補装具・日常生活用具の給付及び貸与
    身体障害者が身体の不自由なところを補い、安心して容易に日常生活が営めるように補装具費の支給(給付・修理)や日常生活用具の給付・貸与を行っています。

 

各種割引など

割引内容などは、各事業者等により異なりますので、事前にご確認ください。

  • 税金の控除など
  • 有料道路の割引
  • NHK受信料の免除
  • 公共交通機関料金の割引
  • 駐車禁止規制適用除外など

 

お問い合わせ先
福祉部障害福祉課
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1125
ファックス:0495-23-1963
メールフォームによるお問い合わせ