もったいない!食品ロスを減らそう

食品ロスとは

日本では、年間約2,775万トンの食品廃棄物が出されています。このうち、食べられるのにもかかわらず捨てられる食品、いわゆる「食品ロス」は、約621万トンにもなります。これは、世界全体の食料援助量(年間約320万トン)の約2倍に匹敵します。

私たちが食べている食品の多くは、海外からの輸入に頼っていますが、その一方で、食べられる食品を大量に捨てていることになります。

私たち一人ひとりが「もったいない」を意識して行動することが大切です。

食品ロスの約半分は一般家庭から

食品ロスは、食品メーカーや卸、小売店、飲食店、家庭などさまざまな場所で発生しており、全体の約半数は一般家庭から出されています。

家庭での一人当たりの食品ロス量を試算すると、お茶碗1杯分(約134グラム)の食べ物が毎日捨てられている計算となります。

食品ロスの内訳

食品ロスを減らすためにできること

食材は必要な分だけ買う

買い物

値段が安いからと買い過ぎてしまったり、買い置きがあるのを忘れて同じものを買ってしまったりすると、結局使い切れずに傷んだりして、廃棄してしまうことがあります。

そんな無駄を防ぐためにも、買い物の前には冷蔵庫や食品庫の中をチェックし、必要なものを、必要な量だけ買うようにしましょう。

食材を使い切る

料理

食べ残しを減らすために、料理は食べられる量だけ作るようにしましょう。少人数の家庭では、ついつい作りすぎてしまいがちですが、残った料理は、他の料理に作り変えるなど工夫をして食べ切りましょう。

「賞味期限」を正しく理解する

食品の期限表示は、「消費期限」と「賞味期限」の2種類があり、どちらも表示されている保存方法で保存した場合の、開封前の期限です。

賞味・消費期限

「消費期限」とは

品質の劣化が早い食品に表示されている「食べても安全な期限」のため、それを超えたものは食べないほうが安全です。

「賞味期限」とは

品質の劣化が比較的遅い食品に表示されている「おいしく食べられる期限」であり、それを超えてもすぐに食べられなくなるわけではありません。賞味期限を超えた食品については、見た目や臭いなどで個別に判断しましょう。

(注意)一度開封したものは、期限にかかわらず早めに食べましょう。

外食時にも食べきれる分だけ注文

食べる

飲食店からの食品ロスは、客が食べ残した料理や、提供できなかった仕込み済みの食材などがあります。

量を少なめにしてもらったり、食べきってから追加注文するなどして、食べ残しがないようにしましょう。

国や埼玉県の取組

食品ロス削減国民運動(5省庁連携)

食品ロス発生の段階別にモデル的な削減の取組を支援し、生活者一人ひとりの意識・行動改革に向けて、官民をあげて推進しています。

食べもののムダをなくそうプロジェクト(消費者庁)

食品ロスの削減に向けた情報発信を行っています。

食べきりSaiTaMa大作戦(埼玉県)

食べきりSaiTaMa大作戦(たべきりさいたまだいさくせん)とは、3つの取組で食品ロスを徹底的に減らす作戦です。

彩の国エコぐるめ事業(埼玉県)

食品ロスや食品廃棄物を減らす取組を実施する事業者を紹介しています。

一人ひとりの意識が大きな効果につながる

食品廃棄物を減らすことで、その廃棄物を処理するために消費するエネルギーも、CO2も減ります。

食材を無駄にしない、食べ残しをしない等、ちょっとした意識の積み重ねが、大きな効果を生み出します。みなさんも、日々食べ物への感謝の心を忘れず、行動するよう心がけましょう。