ナガミヒナゲシにご注意ください

ナガミヒナゲシとは

 ナガミヒナゲシは、ヨーロッパ地中海原産の1年草で、高さ20〜60センチメートル、4月頃から6月頃に道端や空き地など日当たりの良い場所に直径3センチメートルほどの淡いオレンジ色の花を咲かせます。
 繁殖力が強く、一個体から100個の実をつけることもあるので、最大で一個体から15万粒の種子が生産されます。
 また、他の植物の育成を妨げる成分を含んだ物質を根から出すことから、特定外来生物と同様に生態系等に大きな影響を与える植物です。

ナガミヒナゲシの花

ナガミヒナゲシの花
※画像は国立環境研究所のホームページより引用

ナガミヒナゲシの完熟した実

ナガミヒナゲシの完熟した実
※画像は農研機構 農業環境変動研究センター 刊行の「農環研ニュース No. 90 2011.3」より引用

ナガミヒナゲシの駆除方法

駆除の注意点

 ナガミヒナゲシは、未熟な種子にも発芽力があるため、開花後の刈り取りは、かえって分布を広げることになります。
 そのため、種ができる前に抜き取り、ビニール袋等に密封して可燃ごみの日に出してください。
 種ができている場合は、種が飛ばないよう十分注意してください。

参考リンク)国立環境研究所 ホームページ

参考リンク)農環研ニュース No.90 2011.3 (外部サイト)