令和元年度本庄市緑のカーテンコンテスト 入賞者を発表します!

緑のカーテンとは?

アサガオやゴーヤなどのつる性植物を、窓の外にはわせて、カーテンのように覆ったものを「緑のカーテン」といいます。

葉から蒸発する水分が周囲の温度を下げてくれるため、夏の冷房使用によるエネルギー消費を抑制することができ、電気代の節約になります。また、通常のカーテンと同じで遮光効果もあります。

 

本庄市緑のカーテンコンテスト

本庄市では、夏場の省エネ効果が期待される緑のカーテンを普及促進するため、緑のカーテンコンテストを開催しています。

今年もたくさんのご応募ありがとうございました。

審査の結果、今年の入賞作品が決定しましたのでお知らせします。

 

 

 

令和元年度本庄市緑のカーテンコンテスト入賞作品

市長賞

お名前:橋本 すみ子様
植物の種類:アバシゴーヤ

市長賞受賞作品

工夫した点や感想など:

・ガラス越しに見える、ゴーヤの緑が癒してくれる。

・沢山の葉が茂るように、50~60センチメートル位で一度つるを切る。

・肥料(油かす)を与える。

・猛暑の日々を、ゴーヤの酢漬け等を作って食した。お陰で元気に過ごせました。

・高齢になり大変だけど、来年もゴーヤカーテンにチャレンジします。

 

 

優秀賞

お名前:埴岡正人様 埴岡ひづる様
植物の種類:琉球アサガオ

優秀賞受賞作品

工夫した点や感想など:

昨年秋、つるを少し残しておいたところ、春さきから芽が伸び、6月7日には花が咲き始めました。

その後、順調に伸び、6月下旬には緑のカーテンはほぼ完成。花も毎日100輪程咲きました。あまりにも部屋が暗くなるので、つるをつめたり、葉をすいたりして、今は花も終わり葉がみごとに茂っています。

9月になったら、また花が咲くといいなと思っています。

 

 

優秀賞

お名前:中沢國惠様
植物の種類:ゴーヤ

優秀賞受賞作品

工夫した点や感想など:

設置する際は、カーテンの内側を通れるよう工夫した。

日陰を作ることと、食用を兼ねてゴーヤで緑のカーテンを作っている。

 

 

優秀賞

お名前:田邉智子様
植物の種類:琉球アサガオ

優秀賞受賞作品

工夫した点や感想など:

建物の位置が東南にあたり、朝早くから夕方まで1日中日当たりがよいので成長が早いです。今年は暑い日が続いたことと、雨が毎日のように降ったので水くれも無くて、手間いらずでした。去年より早くからつるがのびて、紫色の花が夜明けと同時に開花するので、早起きが楽しみです。(残念ながら花は一日しかもちません。)

今年は雨が多いので、翌朝、朝霧の中とてもきれいです。

家の前は、早朝小山川への散歩道になっているので、家の涼しさと同時に2度の楽しみを味わっています。

「通称:アサガオ館」と近くの公園に遊びに来る子ども達に言われています。

 

 

表彰式

入賞者の方に賞状と記念品が贈呈されました。

表彰式の様子

記念撮影

記念撮影をしました。

展示作品

市役所市民ホールでは応募写真を展示しました。

お問い合わせ先
経済環境部環境推進課エコタウン推進係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1249
ファックス:0495-25-1248
メールフォームによるお問い合わせ