70歳から74歳の人の医療制度 ~高齢受給者証を交付します~

市国保に加入している70歳から74歳の人には、国民健康保険高齢受給者証(以下、高齢受給者証)が交付されます。医療機関等を受診するときは、保険証(国民健康保険被保険者証)と高齢受給者証を提示してください。
注意:75歳の誕生日からは後期高齢者医療保険制度の加入者となります。

 

高齢受給者証の交付時期

 70歳になる誕生月の月末(1日が誕生日の場合は前月末)に高齢受給者証を送付します。
高齢受給者証には一部負担金の割合(医療機関等を受診するときに負担する割合)が記載されています。

例えば…
4月15日が誕生日の場合
 5月1日から高齢受給者証の提示が必要(4月末に送付します。)
5月1日が誕生日の場合
 5月1日から高齢受給者証の提示が必要(4月末に送付します。)
5月2日が誕生日の場合
 6月1日から高齢受給者証の提示が必要(5月末に送付します。)

 

一部負担金の割合について(平成26年4月1日改正)

医療機関等を受診するときに負担していただく金額の割合は、次のいずれかです。

昭和19年4月1日以前生まれの人

負担割合 1割

現役並み所得者以外の人
(注意)本来は2割負担ですが、国の特例措置により1割負担になります。

負担割合 3割

現役並み所得者:原則として同一世帯に住民税課税標準額が145万円以上の70歳から74歳までの市国保加入者がいる人(世帯)

昭和19年4月2日以降生まれの人

負担割合 2割

現役並み所得者以外の人

負担割合 3割

現役並み所得者:原則として同一世帯に住民税課税標準額が145万円以上の70歳から74歳までの市国保加入者がいる人(世帯)

ただし、3割負担者のうち、次のいずれかに該当する場合は、収入額によって再判定を行い、1割負担(昭和19年4月1日以前生まれの人)もしくは2割負担(昭和19年4月2日以降生まれの人)になります。

1.同一世帯内に70歳以上の市国保加入者が1人いる場合

・70歳以上の人の前年の収入金額が383万円未満
・国保から後期高齢者医療制度に移行した人がおり、移行した人と70歳以上の人の前年の収入の合計金額が520万未満

2.同一世帯内に70歳以上の市国保加入者が2人以上いる場合

 70歳以上の人の前年の収入金額の合計が520万円未満

(注意)収入額による再判定時には、「基準収入額適用申請書」の提出が必要となります。書類は、高齢受給者証更新時や70歳になるときに、対象になると思われる人に送付します。

 

用語解説
特定疾病  自己負担割合  退職者医療制度  高額療養費支給制度  標準負担額

(注意)「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、運営元までお問い合せください。

お問い合わせ先
保健部保険課国保係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1116
ファックス:0495-25-1190
メールフォームによるお問い合わせ