自己負担割合 ~医療を受けるとき~

病気や怪我などをしたとき、医療機関の窓口に保険証を提示すると、次の自己負担割合で医療が受けられます。

  • 義務教育就学前

 自己負担割合:2割

  • 義務教育就学後~70歳未満

 自己負担割合:3割

  • 70歳から74歳まで

 自己負担割合:2割

 自己負担割合:3割(現役並み所得者)

 詳しくは以下のページをご覧ください。

70歳から74歳までの人の医療制度 ~高齢受給者証を交付します~

(注意)70歳から74歳までの人が医療機関等を受診する場合は、保険証と一緒に自己負担割合が記載された高齢受給者証を提示してください。

(注意)災害などにより家屋に損害を受けた人や廃業・失業などにより生活が一時的に困難になった人で、医療費の支払いが困難な人に、病院の窓口での医療費の一部負担金が減額・免除・徴収猶予される一部負担金減免制度があります。事前に申請が必要となりますので、ご相談ください。

 

国保で医療が受けられない場合があります

次のような場合は、国保で医療を受けることができません。全額自己負担となります。

保険診療に該当しない場合
保険のきかない治療や薬、差額ベッド料、健康診断、予防接種、美容整形、歯列矯正、正常分娩費、軽度のわきが・しみなど

労災保険が適用される場合
仕事上の病気やけがなど

関連ページ

交通事故などにあったとき ~必ずご連絡を!~

その他
犯罪行為、けんかや泥酔、医師や保険者(市)の指示に従わなかった場合


用語解説
特定疾病  自己負担割合  退職者医療制度  標準負担額  高額療養費支給制度

(注意)「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、運営元までお問い合せください。

お問い合わせ先
保健部保険課国保係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1116
ファックス:0495-25-1190
メールフォームによるお問い合わせ