マスク熱中症にご注意ください

 6月の梅雨時期から8月は湿度も高く、真夏日や猛暑日といった気温の高い日が続き、熱中症になりやすい時期です。特に今夏は新型コロナウイルス感染症対策のため、マスク着用が日常化しており、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなります。夏場のマスク着用は「体に熱がこもる」「のどの渇きを感じにくい」など、例年よりも熱中症の危険が高まります。発症する前に正しい知識を持ち、早めの予防と対策をとりましょう。

※高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

 以下の、『新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント』をご覧ください。

1. 暑さを避けましょう

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調節

・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調節

・暑い日や時間帯は無理をしない

・涼しい服にする

・急に暑くなった日等は特に注意する

2. 適宜マスクをはずしましょう

・気温、湿度の高い中でのマスク着用は要注意

・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす

・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩を

3. こまめに水分補給しましょう

・のどが渇く前に水分補給

・1日あたり1.2リットルを目安に

・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

4. 日頃から健康管理をしましょう

・日頃から体温測定、健康チェック

・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養

5. 暑さに備えた体作りをしましょう

・暑くなり始めの時期から適度に運動を

・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度

 

~~~ こんな症状があったら医療機関に相談しましょう ~~~
軽 : めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない
: 頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感
: 意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない

(注意)重のような症状があったら、救急車を要請してください。

 

令和2年度の熱中症予防行動(PDF:778.2KB)

上手な水分補給のポイント

お問い合わせ先
保健部健康推進課(保健センター内)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。