市内の水道水の放射性物質測定結果

本庄市の水道水の水源について

本庄市の水道水は、利根川を水源とする埼玉県行田浄水場から受水する県水と本庄市内の井戸から取水する地下水をブレンドして送水しています。本庄市の水道水に占める県水の割合は、本庄地域は1割程度、児玉地域は5割程度になっています。
 

本庄市の水道水の放射性物質測定結果

測定結果は下記のとおりです。すべて不検出ですので、安心してご使用ください。

測定結果(浄水場からの水)

全ての回で放射性物質(放射性ヨウ素、放射性セシウム)は不検出でした。

 浄水場名:第二浄水場,児玉浄水場
 放射性ヨウ素(ベクレル/キログラム):ヨウ素131 不検出
 放射性セシウム(ベクレル/キログラム):セシウム134 不検出,セシウム137 不検出

  • 採水日・判明日


第104回 採水日:令和元年 6月 3日、判明日:令和元年 6月 5日
第105回 採水日:令和元年 9月 2日、判明日:令和元年 9月 3日

検査機関:株式会社 江東微生物研究所

 

  • 平成24年4月1日から厚生労働省が定めた水道水中の放射性物質に係る基準値は、放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)が10ベクレル/キログラムです。また、放射性ヨウ素は、半減期が短いことから基準値は設定されておりません。

(注意)平成24年3月31日以前の国の指標は、水道水中の放射性ヨウ素300ベクレル/キログラム(乳児の摂取は、100ベクレル/キログラム)、放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)が200ベクレル/キログラムでした。

  • 検査方法は、水道水の放射能測定マニュアルにより測定機器を用いて、セシウム134及びセシウム137それぞれについて、検出できる最小値(検出限界値)1ベクレル/キログラム以下を確保することを目標として定められました。

過去の測定結果

過去の測定結果一覧

平成24~30年度の測定結果(PDF:40.5KB)

平成23年度以前の測定結果(PDF:62.4KB)

上仁手地区にお住まいの方は、こちらをご覧ください。

→上仁手地区にお住まいの方は伊勢崎市からの給水区域になりますので、こちらをご覧ください。

原子力安全委員会が定めた飲食物制限に関する指標値

  • 放射性ヨウ素300ベクトル/キログラム ・放射性セシウム200ベクトル/キログラム

食品衛生法に基づく暫定的な指標値

  • (乳児用調整粉乳及び直接飲用に供する乳)放射性ヨウ素100ベクトル/キログラム

 

埼玉県の水道水の安全性について

埼玉県営水道における放射性物質測定結果について

お問い合わせ先
上下水道部水道課浄水場係
〒367-0054
埼玉県本庄市千代田3丁目4番5号
電話:0495-22-0291
ファックス:0495-22-2153
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。