台風19号により被災された方に対する災害見舞金・災害援護資金貸付金等のご案内

 このたびの台風19号で被害にあわれました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 台風19号に伴い住居等に被害を受けた方につきまして、次の制度をご利用いただける場合がございます。

 詳しくは、下記担当までご相談ください。

 なお、申請には「り災証明書」が必要です。

災害見舞金制度のご案内

 火災または風水害その他の気象災害によって、市民が以下の被害を受けたとき、被災者またはその遺族に対し、災害見舞金または弔慰金を支給しています。

(1)市民が現に居住する住家に被害を受けたとき

(2)市民が死亡し、または重傷を負ったとき

制度の概要・申請書

災害見舞金等ご案内(PDF:102.6KB)

被災届(PDF:22.5KB)

被災届(記載例)(PDF:30.7KB)

【お問い合わせ先】

●地域福祉課(市役所1階) (直)25-1142

●支所市民福祉課(児玉総合支所1階) (直)72-1333

災害援護資金貸付金制度のご案内

 令和元年台風19号により、世帯主が負傷したり、住居や家財等に被害があった世帯の生活立て直しのための資金の貸付けを行います。

【対象世帯】

以下の1、2のいずれにも該当する世帯の世帯主が対象です。

1.被災日(10月12日)現在、本庄市内に居住の世帯

2.次の損害の種類及び程度のいずれかに該当する世帯

  (1)住居が半壊・大規模半壊の場合

  (2)住居が全壊の場合

  (3)住居が全滅の場合

  (4)家財のおおむね3分の1以上が損害を受けた場合

  (5)家財及び住居に損害はないが、世帯主が療養期間がおおむね1か月以上  

     の負傷をした場合

制度の概要・申請書

災害援護資金貸付のご案内(PDF:94.2KB)

災害援護資金借入申込書(PDF:98.9KB)

記載例(PDF:127KB)

【お問い合わせ先】

●地域福祉課(市役所1階) (直)25-1142

●市民福祉課(児玉総合支所1階) (直)72-1333

被災者再建支援制度について

令和元年台風19号により、住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して、生活支援のための支援金を支給します。

【対象世帯】

(1)住宅が「全壊」

(2)住宅が「大規模半壊」、「半壊」等し、その住宅をやむを得ず解体

(3)「大規模半壊」住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ、

   その住宅の居住が困難

【支援金】

(1)基礎支援金(住宅の被害程度の応じて、世帯に支給する支援金です。)

   申請期間:被害にあった日から13ヵ月(令和2年11月11日まで)

(2)加算支援金(住宅の再建方法に応じて、世帯に支給する支援金です。)

   申請期間:被害にあった日から37ヵ月(令和4年11月11日まで)

 

お問い合わせ先
福祉部地域福祉課地域福祉推進係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1142
ファックス:0495-23-1963
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。