台風19号被災者の皆さまの介護保険利用料の減免について

台風19号で被災された皆さまは、被保険者証等の提示がなくても介護サービスを受けられます

被災により、被保険者証・負担割合証を紛失又は自宅などに残して避難されている方は、次の事項を介護サービス事業所等にお伝えいただければ、被保険者証等がなくても介護サービスを受けることができます。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 負担割合

被保険者証等の再交付については、本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を持参して介護保険課(市役所1階)又は支所市民福祉課(アスピアこだま1階)で手続きをしてください。 

台風19号で被災された皆さまの、介護サービス事業所等の利用料の支払いは不要です

台風19号で被災された方が、介護保険サービス事業所等でサービスを受ける際に、次の1~5のいずれかに該当する旨を申告することで、介護保険利用料が免除になります。

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた旨
    り災証明書の提示は必要なく口頭申告で構いません。 
  2. 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である旨
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した旨
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

介護保険利用料が免除されるのは、災害救助法の適用市町村の介護保険の被保険者であり、本庄市介護保険に加入している方となります。 

また、本庄市介護保険の加入者であれば、県外の介護サービス事業所を利用された場合にも介護保険利用料が免除になります。

なお、この取り扱いは、令和2年1月利用分までです。

<留意事項>
免除できるのは、介護サービスの利用者負担割合分のみです。入所時の食費・居住費等はお支払いいただく必要があります。

保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます(厚生労働省パンフレット)(PDF:550KB)

介護サービス事業所の方々へ(厚生労働省パンフレット)(PDF:249.7KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。