本庄市個人情報保護制度

 個人情報保護制度は、市が持っているみなさんの個人情報を守り、プライバシーが侵害されないようにする制度です。市が個人情報を取り扱う際の基本的なルールを定め、自分に関する情報を見たり(開示)、事実と異なる記録があるときの訂正を求める権利などを保障しています。

開示請求できる人

 市に自分の情報が記録・保管されている本人です。ただし、未成年者等の場合には法定代理人による代理人請求をすることができます。また、マイナンバーを含む個人情報(特定個人情報)の開示請求の場合には、任意代理人(委任状等による代理人)による代理人請求をすることができます。

実施機関

  • 市長
  • 議会
  • 教育委員会
  • 選挙管理委員会
  • 公平委員会
  • 監査委員
  • 農業委員会
  • 固定資産評価審査委員会

開示などの種類

  1. 開示請求・・・自分の情報の閲覧または写しの交付を求めることができます。ただし、写しの交付にはコピー代等がかかります。
  2. 訂正請求・・・自分の情報が事実と異なるとき、その訂正を求めることができます。
  3. 利用停止請求・・・自分の情報が市で決められた手続きに違反して収集されたとき、または市で決められた手続きに違反して利用・提供されているとき、その利用の停止、消去または提供の停止を求めることができます。

開示などできない情報

 この制度は、本人に自分の情報を開示することが原則です。しかし、法令で開示することができないとされている情報や、本人以外の個人情報が含まれる情報などは、開示できません。

費用の負担

 手数料は無料です。
注意:ただし、情報の写しの交付や写しの郵送を希望される場合は、写しの作成に要する実費や郵送料を負担していただきます。

個人情報は大切に

  1. 事業者のみなさん・・・個人情報を取り扱う際には、個人情報の保護に対し、十分に配慮してお取り扱いください。
  2. 市民のみなさん・・・個人で持っている自分の情報や他人の情報も立派な財産です。お取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

個人情報を守るために

 市で持っている個人情報を不正な手段で入手するような行為があると、関係者には懲役・罰金などの刑罰が科せられる場合や法律に基づき懲役・罰金などの刑罰が科せられる場合があります。
 また、個人情報を不適正に取り扱っている事業者には、説明を求める場合や法律に基づき懲役・罰金などの刑罰が科せられる場合があります。

個人情報の開示のしくみ

個人情報のしくみ

お問い合わせ先
総務部行政管理課文書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1161
ファックス:0495-21-8499
メールフォームによるお問い合わせ