市立小中学校のブロック塀等の状況について

市立小中学校のブロック塀等の状況

 大阪府北部を震源とする地震により、小学校のブロック塀が倒壊し、児童が亡くなった事態を受け、市立小中学校におけるブロック塀等について、調査を実施しました。その結果、5校について緊急対策工事を実施しました。

概要

調査対象

市立小中学校 16校

調査内容

次の観点から緊急の簡易調査を実施した。

【建築基準法の観点から確認】

高さ

1) 高さが2.2mを超える塀

控壁
2) 高さが1.2mを超える場合で3.4m以下の間隔で控壁を設置していない塀

 

【劣化の観点から確認】

劣化・損傷

3)著しいひび割れ、破損又は傾斜が生じている塀

※上記1)、2)の観点に該当するか否かを問わない。

結果

上記観点に該当する学校 5校

【内訳】
プールのシャワー壁 4校(北泉小、児玉小、金屋小、本庄西中)
ブロック塀の劣化 1校(本庄東中)

対応

・上記5校については、緊急対策工事を実施しました。

 

通学路の安全確認

・小学校12校の通学路ブロック塀等の点検を目視と計測による方法で実施しました。

お問い合わせ先
教育委員会事務局教育総務課
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1182
ファックス:0495-25-1193
メールフォームによるお問い合わせ