市長へメールを送る

市長への手紙について

入力フォームへは下記のリンクより移動できます。

市長への手紙

 ご意見をお寄せいただく前に、下記の内容をお読みください。 

 市長への手紙は、市民のみなさんから市長あてに、市政に関するご意見、ご要望等をお寄せいただく制度です。いただいたご意見等は、市長が直接拝見し、関係部局と調整・検討の上、市政運営の参考にさせていただきます。
  ぜひ、貴重なご意見をお寄せください。

  • 特定の個人や団体等を誹謗中傷するような内容はお断りします。
  • 簡易なお問い合わせ等、一般のメールは次のアドレスへお願いします。(この場合、「市長への手紙」の扱いにはなりませんのでご了承ください)

簡易なお問い合わせ等、一般のメールはこちらへ

ご意見に対する回答について

 必要に応じて市長から郵送で回答いたしますが、次のような場合は原則として回答いたしません。

  • 氏名・住所・メールアドレスが記入されていないもの、または虚偽と思われるもの 特定の個人や団体等を侮辱又は誹謗中傷した内容のもの
  • 営利企業等の宣伝又はこれに類するもの
  • 内容により、担当職員が直接お会いし、もしくはお電話等で説明したことにより、ご理解をいただいたと思われる場合
  • 「市長への手紙」の趣旨から外れた内容のもの、またはメールの内容の意味や意図が不明なもの

手紙の公開について

 お寄せいただいたご意見とそれに対する回答をこのホームページ(一部広報紙)で公開します。
 公開することによって、本庄市にどのような課題や問題が存在するのか、そして、それを市ではどのように捉え、対応し、解決する(した)のか、といったことを多くのみなさんと共有できるようになります。
 なお、公開にあたっては、プライバシーに十分配慮し、ご意見をお寄せいただいたご本人や家族、関係者(団体)等の氏名等は掲載しません。
 公開は回答が済んだものから順次行っていきます。

 また、公開してほしくない場合は、下記「市長への手紙」入力フォームの所定欄にチェックを入れてください。

市長への手紙

寄せられたご意見と回答

入力フォームの暗号化について

 平成23年7月9日から、安全な通信を行うために、入力フォームの暗号化に地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)の認証を用いています。
 そのため、ページに接続したとき「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」などの警告メッセージが出る場合があります。
 この警告は、SSLによる通信を開始する時に、利用するサーバが本物かどうかをブラウザが確認するために表示されます。「この証明書には問題があります」と表示されますが、これは本システムが利用している「LGPKI」という地方公共団体専用の認証局が、現在配布されているブラウザ(Internet Explorer、Google Chrome、Firefoxなどの閲覧ソフト)に初期設定されていないためです。
 警告画面で「はい」をクリックすることで、とりあえずの暗号化通信は開始されます。しかし、上記の方法は完全ではなく、接続先の確認や暗号化をより安全に行うためには、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)のホームページから「LGPKIにおけるアプリケーションCA G4 Rootの自己署名証明書」を入手し、お使いのブラウザへの組み込む(組み込み方法は各ブラウザのマニュアル等をご参照ください)必要があります。
 または、広報ほんじょう2019年7月1日号・市公共施設にある「市長への手紙記入用紙」により郵便でご投稿くださいますようお願いいたします。

参考:地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)のホームページはこちら

参考:地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)のホームページはこちら

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら