給食費不払いについて(平成19年2月7日回答)

意見・提言

 給食費の不払いについてですが、税金で、道路の街路樹のでたらめ伐採を毎年行い、環境破壊し、それでも税金が余っているのか公民館の木まででたらめにしろうとが伐採している。いったい、伐採料はいくら払っているのだろうか。
  それほど、税金が集めすぎで余っているなら、ぜひ給食費を生徒のみ全額補助にすべきです。
  教職員は、今も生徒と同じ半額負担ですが、働いているのですから教職員は全額自己負担にすべきです。今や、教職員の給料は世間の相場よりだいぶ高いですから、それくらい払ってもらって当然かと思います。よろしく対処願います。

回答

 「給食費の不払いについて」でございますが、学校給食費については、学校給食法の規定により、学校給食の運営経費のうち、施設設備費や人件費以外の食材費等については保護者が負担すべきことと定められております。そのため、給食費未納問題は、納入義務者である保護者の理解と協力が不可欠であります。
  学校給食は保護者が負担する給食費によって成り立っていること等をさまざまな機会を通じて周知徹底することが必要であります。さらに、学校給食実施者が各学校の教職員と連携して未納問題の解消に努めることが重要であると認識しております。
  以上のように、保護者、学校、給食実施者が連携しあって未納問題に取り組み、未納者の解消に努めてまいりますのでご理解いただきたく存じます。
  また、教職員の給食費についてでございますが、生徒と同じく食材費は全額自己負担しておりますことを申し添えます。
(平成19年2月7日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書広報課広報広聴係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1155
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら