美術館の誘致について(平成19年4月3日回答)

意見・提言

 駅からの徒歩による観光客も目当てに、レストランや美術館(集客が見込めるモノの方が良いと思います。ジブリ美術館のような…)を誘致しても、面白いと思います。
  私が思うに、やはり、若泉公園のプール跡地などを美術館にするなどの案は、たいへん面白いと思うのですが。美術館を作ると同時に公園の整備も進めていくことも必要かもしれませんが、「本庄ってあの〇〇美術館のあるところでしょ!!」といったようなシンボリックな存在になってくれればよいと思います。
  ちなみに私が思うに、美術館などの施設は、子ども連れが訪れるようなものがいいと思います。スタジオジブリに、ジブリ美術館をもう一つ作りませんか。といった働きかけもしてもいいと思いますし、絵本作家の奈良美智さんのような人の美術館もいいと思います。

回答

  美術館の誘致についてですが、○○様の多彩なアイデアに驚嘆しており、夢と希望あふれるアイデアで、人々が楽しく集まり、交流できる場を本庄市にと、多くの方々が思い描いているところですので、私もそうした取り組みを積極的に実現したいと思っております。
  しかしながら、美術館や博物館などの計画・実施にあたっては、財政的な裏付けと必要性についてを慎重の上にも慎重に検討することが第一であると考えております。
  ご提言をいただきました若泉公園の景観や清流は、本庄市の持つ貴重な財産でもあり、また、市民プールの跡地利用についてもまだ未定ですので、美術館に限らず民間活力を生かせるような施設誘致や人的交流も念頭に、より多くの方々にご理解いただける施策を図ってまいりたいと存じます。

(平成19年4月3日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書広報課広報広聴係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1155
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら