ロードレース大会のコースに幹線道路を使用することについて(平成19年5月1日回答)

意見・提言

 スポーツ振興で、市民が気軽に参加できるロードレース大会で、元旦マラソンと早稲田の杜クロスカントリーがありますが、なぜ大久保山ばかりでやるのですか。
  市内の主要なところとをコースにすれば、今は例えば「自分は遅いから恥ずかしくて走れないわ」と思っている人でも、大会を普通に見れば参加してみようと思うはずです。上里町では少しは主要道路がコースになっています。また、中山道や銀座通りを少しの間通行止めにしても、今の状態なら大きな影響があることはないと思います。市と警察の協力関係がないのでしょうか。

回答

   「元旦マラソンや早稲田の杜森林浴クロスカントリー大会を、中山道や銀座通りなど主要道路で開催できないか」とのご提言でございますが、「元旦マラソン」につきましては、今年で47回目を開催することができ、また、3月25日に行なわれました「早稲田の杜森林浴クロスカントリー大会」につきましても第11回を数え、盛大に開催させていただくことができました。毎年約450名を超える多くのランナーに参加していただいております元旦マラソンにつきましては、親子2代、3代で参加をしていただくなど、「初日の出」を見ながら一年の健康を祈り、元旦マラソンを楽しみにしていただいているのではないかと思います。また、「早稲田の杜森林浴クロスカントリー大会」につきましては、本庄市体育協会が主催となって、毎年、開催されておりますが、市内はもとより、遠方より参加していただいているランナーも多数ございます。このようなランナーにつきましては、大久保山の起伏あるコースで、しかも、桜や新緑の中で走るこの大会を楽しみにしていただいているのではないでしょうか。近隣の市町におきましては、上里乾武マラソン・ふかやシティマラソン・熊谷さくらマラソン大会などがございますが、いずれも平坦な走りやすいコースがコンセプトとなっているようでございますので、本市の大久保山のような地形を生かした大会(レース)は少ないのではないかと思います。○○様のご提言につきましては、「もっと身近な場所で大会を開催すれば、市民が参加しやすくなるのではないか」との大変貴重なご意見でございますので、体育協会や実行委員会の中におきましても参考とさせていただきながら、また、より多くの市民等からご意見をお伺いする中で、さらに、本市の特色を生かした大会に育てていく必要があるのではないかと考えておりますので、ご理解を頂きますようお願いいたします。

(平成19年5月1日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書広報課広報広聴係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1155
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら