学校の給食費について(平成19年8月14日回答)

意見・提言

 学校の給食費がJAバンク指定で引き落としになっています。それで、引き落としのたびに手数料として30円上乗せして引き落とされます。どんな公共料金も引き落としの手数料が引かれることはないのに、なぜ、給食費だけ引き落としの手数料がかかるのですか。
  同じ都市でも手数料がかからない所もあると聞きました。また、未払いの方も多いと聞きます。
  それでしたら、昔のように学校に直接集金する方法でも良いのではないでしょうか。そうすることによって、支払いが減った自治体もあるという話を聞いたことがあります。

回答

 給食費の口座振替手数料についてですが、給食につきましては、学校給食法に基づきまして学校給食費の負担の方法が決まっております。人件費・光熱水費等は施設の設置者であります市で負担し、食材料費については保護者に負担していただくことになっております。
  また、毎月の給食費は振替後、食材料費の購入費用として学校の口座に保管され、学校から献立に沿って食材業者に発注されております。このようなことから公共料金とは性格が異なりますので、保護者の方には、食材料費をご負担いただくとともに振替手数料につきましてもご負担いただいているのが現状でございますので、ご理解いただきたいと存じます。
  次に、口座振替になりました経緯についてですが、口座振替以前については、地区のPTA役員さんが各家庭を回って集金しておりました。しかしながら、留守宅への再度の訪問や釣り銭の用意、集金後のお金を学校へ届けることなど大変な手間と労力を要するため、ご要望により、口座振替になったようでございます。
  口座振替時にご負担いただいております手数料は、依頼している金融機関により異なりますが、市内の小学校13校・中学校4校に確認しましたところ、10円から105円のご負担をいただいているようでございます。
  現金での集金をとのご提案につきましては、学校規模にもよりますが、毎月の給食費の総額が1校で300万円を超える学校もございます。さらに、一度に集金できればよいのですが、すべて集まるまでに要します日数や、銀行への毎日の入金事務の増加や現金を安全に保管する方法など、防犯上の問題もございます。また、子どもさんが通学時に現金を持つことによる紛失や犯罪・トラブルに巻き込まれたりする危険性につきましても否定することは出来ません。このような状況をご理解いただき、現行通りの手数料をご負担いただきます口座振替にご協力をいただきたいと存じます。
  次に、給食費の未納についてでございますが、各学校とも未納解消に向け、電話や手紙によるお願い、保護者会でのお願いなど解消に向けていろいろな取り組みをしておるところでございます。また、食育という面からも給食の重要性をご理解いただくことにより、未納者の解消に向け努力をしてまいりたいと存じます。

(平成19年8月14日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書広報課広報広聴係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1155
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら