文化施設の充実について(平成19年9月20日回答)

意見・提言

 私は、本庄に住んで9年が経ちました。緑の多いのどかな町という印象でしたが、このところ交通量も増えて活気づいてきた反面、静かに散策したり、文化的な教養に触れる機会が欲しいと思うと他市へ出向いていく自身に気づきました。本庄にそういう所が欲しいと思います。
  他市の話になりますが、私と主人が好んで出かける散策場所に藤岡市の庚申山公園と「みかぼみらい館」があります。自然の地形を生かした、よく整備と手入れの行き届いたとてもすてきな公園でいつ出かけても自然を味わうことができ、落ち着いたくつろぎの時間が持てます。「みかぼみらい館」は、さまざまな催しがあり絵画もロビーにありちょっとした文化的香りを味わえる所です。広報や商工会議所だよりなど拝見しますと、経済発展、役所の整備等の記事が多く目につきますが、文化的レベルは・・・と考えますと物足りなさを感じます。本庄早稲田駅前開発等、商業・経済・一点張りでなく文化施設の充実にもぜひ力を入れて頂きたいと思います。

回答

  文化施設の充実についてですが、藤岡市の庚申山公園は、文化施設である「みかぼみらい館」をはじめ、スポーツ施設や公園を一定の区域に整備したもので、利用者の方々には利便性の高い総合公園であると認識しております。
  現在、本庄市の文化、スポーツ施設や公園等の所在は市内の各地域に散在しているのが現状であり、市内の施設としては、文化活動の拠点である市民文化会館、児玉文化会館、社会教育施設である中央公民館や各地区公民館が計12館、他に市民プラザ、コミュニティセンターやスポーツ施設として総合体育館(シルクドーム)、児玉総合公園体育館、市民球場などが設置されております。そして、これらの施設では、それぞれの目的に応じて各種学級、講座の開設や自主的文化サークル活動、スポーツ活動等が盛んに行われております。
  また、この他にも市民に憩いの場として親しまれている若泉公園、県指定史跡雉岡城跡公園や歴史的文化遺産施設としての市立歴史民俗資料館・塙保己一記念館・競進社模範蚕室などを一般公開しております。
  このように各施設が市内各地に散在いていることは否めませんが、施設によりましては、その施設の立地条件を生かし地域住民が自主的に計画、立案し、施設(市)と協力しながら地域に密着した事業を展開しております。
  今後、市民の文化・スポーツの向上を図るため、多くの市民のご意見、ご要望等が生かされた各種事業を行うとともに施設の充実にも努めてまいりたいと存じます。

(平成19年9月20日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書広報課広報広聴係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1155
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら