市長への手紙「市民体育館の設備について」への回答について(平成30年6月20日回答)

意見・提言

 市民体育館の設備についての「市長への手紙」の回答について、市長は施設の再配置計画と、日々の必要な設備の補修及び備品の補給を同じレベルで見ておられるのではないですか。体育館を利用させている以上、管理者として快適な利用ができるよう日々設備の点検・補修、備品の補給を行うのは最低限のことです。回答を読むと、そのような基本的な管理者としての役割認識が欠落しております。回答には無かった以下の対策をすぐに実施して頂きたい。
1.2階の黒幕を補修する 2.1階のカーテンを補修する 3.備品庫の扉を取り換える 4.館内の大きなガラスを取り換える 5.備品を必要な数補充する 6.トイレは和式を洋式に取り換える
 市長にはどうか、適切な指導をしていただくことを切に願います。

 

回答


 ご指摘いただきました箇所につきまして、1階のカーテンと2階の黒幕は一部補修を実施し使用に支障がない状況となっています。備品庫の扉につきましても、道具の出し入れに支障がない状況です。また、1階アリーナには、割れてしまった姿見の鏡がありましたが、危険なので撤去しましたので、2階トレーニング室の姿見を使用いただきたいと思います。備品につきましても、バドミントンのネット等の道具は一部更新をしています。最後に、和式トイレの改修をということですが、男子と女子トイレにひとつずつ洋式トイレがあり、また、身体障害者用トイレもありますので、そちらを使用していただきたいと思います。

 市民体育館に限らず全ての施設において、ご利用いただく方に、快適に使用していただけるよう管理をしなければならないと考えています。一方で、市民体育館は、公共施設再配置計画に沿って廃止する方針で検討を進めていますので、利用にあたり危険な箇所等の修繕を最優先に実施していますが、その他備品等は、使用に支障がないよう管理しているところです。

 (平成30年6月20日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら