図書館図書の返却期限を守らない人について(平成30年8月7日回答)

意見・提言

  よく図書館を利用させていただいているのですが、図書を予約しても、借りている方が返却期限(15日間)を守らないため借りられないことが多くあります。本庄市では3冊までしか予約できないため、一人の方が1カ月以上返却されないと、私もその分1カ月以上待たなければならず、違う本を予約することすらできません。
 図書館を気持ちよく利用できるよう、返却期限を守らない方へのペナルティを設けたり、予約本数を増やしたりなど、検討していただけないでしょうか?

回答


 お手紙の件を図書館に確認いたしましたところ、貸出期間を過ぎても図書が返却されない時は、電話やハガキで返却を促しており、また、長期延滞の方には予約についても遠慮していただいています。また、複数の利用者から予約が入っている図書の貸出しの際には、「貸出期日内に返却をお願いします。」と書かれた短冊とともに、返却日を直接お声掛けしながら貸出しを行っているところです。

 しかしながら、貸出期間を過ぎても返却されないケースもありますので、今後何らかの対策が必要と考えます。引き続き、貸出期間内の返却の励行を徹底するとともに、貸出期間内に返却されない場合にはペナルティを設けることも検討してまいります。

 次に、予約受付の件数は、図書・雑誌・紙芝居は合わせて3点、視聴覚資料は1点までとしています。この点につきましても、利用者の皆さまに効率的に利用していただけますよう、多くの利用者のご意見を参考にしつつ、検討を重ねてまいります。

 (平成30年8月7日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら