本庄早稲田駅の停車本数の増加について(令和元年8月15日回答)

意見・提言

 本庄早稲田駅に停車する新幹線の本数を増やしてほしい。昼間は1時間に1本程度。利用するメリットが少ないのではないでしょうか。

回答

 本庄早稲田駅は、平成16年3月に開業してから15年が経過し、市民の皆さまだけでなく、周辺の自治体にお住まいの方々にも、通勤通学や観光などで多くの方にご利用いただいています。駅周辺のまちづくりの進展に伴い、1日当たりの乗降客数も増加しているところです。

 しかし、○○様のご指摘のように、新幹線の停車本数が少ないというご意見もありますので、市では、安全で快適な交通環境が整備された賑わいのある地域社会の実現に向け、本庄早稲田駅の停車本数の増加について、東日本旅客鉄道株式会社に要望をしてまいりました。

 さらには、北陸地方との有機的な繋がりを強め新たな魅力を創造するため、本庄早稲田駅と熊谷駅両駅への北陸新幹線の停車につきましても、両市で要望活動を行っているところです。

 本庄早稲田駅は本市の顔となるところですので、今後も東日本旅客鉄道株式会社に停車本数増加の要望を行い、より魅力のある駅となるよう努めてまいります。

 (令和元年8月15日回答) 【この事業の担当課:企画課25-1157】

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら