湯かっこ、つきみ荘の対応改善を(平成23年2月10日回答)

意見・提言

苦言一点
  湯かっこへ行く途中電動自転車の電池が急激に低下しました。昨日一晩充電し完全確認。受付に今度電池が不足したら有料でいいから充電させて欲しいと要望したところ「公共施設だから充電は不可」と剣もほろろに断られた。公共施設だからこそお願いしたのになんともつれない、冷たい対応にがっかりしました。もう少し暖かい血の通った対応はできなかったのか?
 苦言二点
  本庄市の坂東大橋下流は全国的に探鳥の著名地点です。数年前からつきみ荘でのトイレの借用が拒否状態です。開始前の女性のみ数人の借用ですが、営業前は不可と断られやむを得ず、河川敷の仮設トイレを使用していますが参加者も都内、県南、群馬県等多地域の方が多く(本庄市は意外に冷たいのね!)との風評です。来月、探鳥会が開催されますが今年は厳冬ゆえつきみ荘での借用が実現されるようお手配を頂ければ幸いです。

回答

 まず一点目についてですが、「湯かっこ」は、児玉郡市広域市町村圏組合(本庄市、美里町、神川町、上里町で構成)が設置している施設であり、私は組合の管理者でもありますので、その立場から回答させていただきますとともに、この度の、湯かっこ従業員の対応につきまして大変不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
  湯かっこの施設につきましては、基本として利用者の皆さまに平等に利用していただきたいという考え方があるとともに、有料での充電設備等もないことから、電動自転車に限らず携帯電話等の電池の充電につきましても、原則としてはご遠慮いただいておりますことをご理解いただきたいと思います。
  しかしながら、緊急性等を考慮したうえで臨機応変に対応することも必要ですので、これを踏まえて今後も適切に対応してまいりたいと思います。また、湯かっこの運営管理につきましては、平成20年4月から指定管理者制度の導入により民間会社が行ってきているところですので、利用者への接客につきましても、気持ちよく利用していただけるような親切かつ丁寧な対応について改めて指導してまいりたいと思います。
  次に二点目の老人福祉センター「つきみ荘」についてですが、ご利用に際し、柔軟な対応ができなかったことにつきまして、重ねてお詫び申し上げます。
  つきみ荘につきましては、平成18年9月からNPO法人ワクワクボードを指定管理者として運営を行っております。この指定管理者に確認をとったところ、朝は、午前10時開館ですが、午前7時30分頃には職員が出勤し、午前8時頃には玄関の鍵を開けているということです。また、休館日は、原則毎週月曜日となっております。指定管理者として指定されて以来、このような運営を続けておりますが、ご指摘のようなことは思いあたらないとの回答がありました。開館時間前であっても、職員がいればトイレの利用などについては対応しているということでした。
  また、今後の対応についても確認いたしましたが、今までどおり対応したい、開館前のお客様も大歓迎だということです。 ただし、前もってわかっている行事などは、事前に連絡をしてもらえば、対応がしやすいということですので、2月の探鳥会につきましても時間などをつきみ荘(電話番号22-3696)に連絡していただければ、確実に利用できるものと思います。利用の詳細については、その際相談していただければと思います。
 (平成23年2月10日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら