震災時の職員の対応に感謝(平成23年3月29日回答)

意見・提言

 本庄市役所職員のみなさんのご厚意に、大変感謝します。
  今回、未曾有の大災害が発生し、市職員始め公務員諸兄の御尽力と多大な苦労をともなっていると思われます。
  私は、その地震の発生した11日金曜日、用務で本庄市内に来訪しており、高崎線不通により自宅である千葉まで帰宅することが不可能になりました。場合によっては駅で夜を明かす事も覚悟しましたが、本庄市職員が、市役所ホールと市内各施設を、市民のみならず私たち旅行者にも開放していただいたことで、大変助かりました。埼玉県や群馬県の夜はかなり冷えますが、その中で凍えることもなく、またホールにあるテレビで状況もある程度把握できました。
  何よりも職員のみなさんが、食料の買い出しと配布を行っていただき、温かい毛布も用意していただいたことで、どれほど、あの時、一夜を明かした私たちが助かり、安心したか測り知れません。
  私も以前、市の職員として勤めており、災害時の対応の難しさと大変さを身にしみて体験しています。公務員としてこれは「義務」ですが、その義務を非常時に遂行することが、どれほど大変で多大な労力がかかるかも体験しています。
  本庄市役所職員のみなさんのご厚意は生涯忘れません。みなさん、義務を遂行できたことに、大いに誇りを持って、今後も自信を持って勤務してください。有難うございました。

回答

 地震発生時の本庄市の対応について、職員が勇気づけられるようなお手紙をいただき、ありがとうございました。
  このたびの東日本大震災の被害は、戦後65年間で最も巨大で悲惨なものとなってしまいました。現在、本庄市では、震災対策本部を設置し、行政として多くの機関・企業・市民の皆さまとともに、刻々と変わる状況に対応しております。
  今後とも本庄市行政は、みなさんの安全安心のためにできる限りの力を尽くしていく所存ですが、このような状況の中、いただいたお手紙は、私としてもたいへん元気づけられ、対策本部の職員にも伝えさせていただきました。
  ○○様がお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか。私たちの社会の底力が試されているような現在、本庄市職員に対してのあたたかいお言葉ありがとうございました。
 (平成23年3月29日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら