市民プラザ跡地の今後の活用は(平成23年8月8日回答)

意見・提言

 市民プラザ取り壊しに伴いボランティアルームがなくなり、活動にとても支障を感じています。サロンで使用する備品に関して、児童センターに保管してもらっていますが、会の備品などはメンバーがそれぞれ手わけして保管しています。会員も40名を超え、会議等の開催についても会場を探してそのつど開くという状況です。連絡にも時間を要しています。今まで恵まれていた状況だったとはいえ、他市を見ると活動しやすい拠点が整備され、とてもうらやましく思ってしまいます。
  今後の市民プラザの活用について、「市民全員 ボランティア」と日ごろからおっしゃっている市長さんのお考えを、是非、聞かせてください。

回答

 日ごろの貴団体の皆さまのご努力に敬意を表します。
  市民プラザにつきましては、本庄公民館・市社会福祉協議会・ボランティア室・多目的室・貸会議室などの複合施設として多くの市民の皆さまに多目的に活用されてきましたが、東日本大震災の影響により損傷が激しく、使用できる状況でなくなってしまったため、立入禁止とし今秋には取り壊す予定となっております。
  現在、本庄公民館は、中央公民館2階の団体会議室Bを事務所としており、本庄市ボランティアセンターがある市社会福祉協議会につきましては、埼玉ひびきの農協旧仁手支所の建物をお借りし、事務所としている状況となっております。また、市民プラザの貸館機能は休止となっております。
  このため、従来から市民プラザや本庄公民館をご利用いただいていた方々は、中央公民館等、他の公共施設で活動をしていただいている状況です。
  ご質問の、市民プラザ跡地の活用につきましては、今後の市全体の施設整備を検討していく中で、市民の皆さまから寄せられる意見を参考にし、行政サービスの向上と本庄駅北地域の発展及び活性化、公共施設の適正な配置と効率的な管理運営の推進という観点から、検討してまいりたいと考えておりますのでご理解いただきたいと存じます。
 (平成23年8月8日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら