本庄早稲田駅無料駐車場の廃止について(平成19年5月25日回答)

意見・提言

 無料駐車場を廃止したら、本庄早稲田駅の「パーク&ライド」という魅力がなくなってしまいます。
  恐らく、利用者も減少するでしょうし、そのあたりの経済的なマイナスについては、十分に検討しての結論なのでしょうか。(メガスーパーマーケットには、数千台の駐車場があります。そして、一般的に多くの集客を集めています。駐車場が狭かったり、交通の便が悪かったりすれば、客が集まらないでしょう。)それとも、短絡的に、「一時的な暫定処置だったから」というような理由なのでしょうか。
  市長への手紙の回答を見ますと、概して、「対応がお役所的だなあ」と感じることが多いです。例えば、本庄早稲田駅の障害者用駐車場のマナーの悪さについては、当初から苦情がありますが、今も、十分な対策はされていないと感じます。そういった点も、本庄市が魅力的でないと思われる点ではないかと思います。

回答

 本庄早稲田駅の無料駐車場についてですが、この駐車場につきましては、「市長への手紙」などで、利用される皆さまからさまざまなご意見をいただいております。すでに、数回にわたり本庄市のHPにて回答をいたしておりますが、この駐車場は、平成16年3月13日の本庄早稲田駅開業に合わせ、多くの皆さまに本庄早稲田駅を知っていただき、新幹線を便利にご利用いただけるよう、暫定的な施設として、市有地と農地所有者から有料でお借りした土地を合わせて、約1,000台分の無料駐車場を開設したものです。
  また、本庄早稲田駅の周辺では、昨年9月6日に認可となりました「本庄早稲田駅周辺土地区画整理事業」により、平成25年度工事完了を目標に新たな本庄市の顔となるまちづくりを推進しておりまして、これから駅前広場の整備や道路築造、宅地造成などの工事を進めていくもので、現在の暫定無料駐車場につきましても工事の進捗に合わせ、早ければ今年度中に一部を別の場所に移設する予定です。
  今後の駐車場設置運営の方針につきましては、有料にして欲しいとの声が多いことや、新幹線を利用される方以外の駐車があることを考慮し、土地区画整理事業による面的整備の進捗との整合を図りつつ、民間による有料駐車場の設置誘導を図り、市の施設としての無料駐車場を廃止していくことを基本に考えております。
  いずれに致しましても、駐車場は駅を利用される方々の利便性の確保のため、必要不可欠な施設でございますので、まちづくりの推進と共に、利便性が高い駐車場の確保に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと存じます。 

(平成19年5月25日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら