下水道について(平成19年8月8日回答)

意見・提言

 市内の下水道が始まった時に、照若町(坂下地区)の工事はいつ頃かと市役所に聞きましたところ、10年位かかるということでした。それからもう何年になりますか。
 早く工事を始めてください。いつ頃になるのかお伺いします。

回答

  「照若町(坂下地区)の下水工事はいつごろになるのか」とのことですが、本市の公共下水道事業につきましては、河川等の水質改善、循環型社会の構築になくてはならない重要な施策として、昭和50年に事業を開始し、以来約30年間にわたり、整備を進めてまいりました。しかし、下水道事業は、多額の費用と長い年月を必要とすることから、国の補助金や起債(国からの借金)を受け、さらに整備が行われる地域の方々からは、建設費の一部として「受益者負担金」をいただいている状況でございます。
  現在までの本庄市の下水道整備状況は、行政人口に対する普及率で申しますと、平成18年度末で約47.5パーセントでございます。
  また、照若町をはじめ、国道17号沿線地域の生活排水が流入している元小山川につきましては、河川浄化のための方策が埼玉県などの関係機関を中心に進められているところであり、地元においても浄化運動が盛んに行われております。このように、地元と行政が一体となって水環境の改善を目指し取り組んでいるところでございます。こうした状況から、埼玉県では、本庄市をはじめ、児玉郡内の3町と協力しながら、利根川右岸流域下水道事業を展開しており、平成21年度の完成を目指し、すでに埼玉県が国道17号の地下に汚水幹線の管渠の布設を始めております。この幹線が完成しますと、その後、照若町などの公共下水道整備を計画的に進めることができるようになります。
  今後は、この幹線工事の進展状況を見ながら、当市としても整備計画を推進してまいりたいと考えておりますのでご理解いただきたく存じます。

(平成19年8月8日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら