キツネノカミソリ自生地の保護について(平成19年9月20日回答)

意見・提言

 本庄市には、まだ貴重な自然が残っていることの象徴のような自生地があります。
  キツネノカミソリは、名前さえ知られていないようですが県西南部では守る会もできています。
  自生地の場所は、・・・・で石積みの崖の上下流に2~3メートルづつあります。花が咲くと一日ですべて摘み取られてしまいます。(多分キツネノカミソリと知らずに)
  金網でも張って何とか保護していただきたい。

回答

  キツネノカミソリの自生についてですが、去る8月10日に現地までご足労いただきましてありがとうございました。当日ご協議させていただきましたとおり、花期の終了まで現地を経過観察いたしましたが、設置いたしました5か所の看板についてはその効果が十分に認められ、来年以降も同様の方策により引き続いて経過を観察していきたいと考えます。
  また、ご指摘いただきました川岸の株につきましては、除草による成長期の被害を避けるため、河川を管理する本庄県土整備事務所の承諾を得て、簡易看板を設置いたしましたことをご報告させていただきます。

(平成19年9月20日回答)

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら