朝日通りの電柱について(平成21年4月23日 回答)

意見・提言

 旧市役所北側の「朝日通り」ですが、電柱を何とかしていただけませんか?
  この通りはただでさえ狭い道路なのに、電柱が道路上にあるため、余計狭くなっています。ひどい所は、電柱が左右同じ位置にあるため、車のすれ違いすら出来ません。また、歩行者や自転車に乗った人がいる時は、非常に危険を感じます。
  事故を起したくないし、もらいたくもありませんので、細心の注意を払いながら運転をしています。この電柱が道路上より無くなれば、ものすごく歩行者にも自転車にも安全で、また車も非常に走りやすくなります。道路沿いの民家の敷地への移設等を考えてもらえませんか?安全確保と危険回避の意味からも非常に重要な案件だと思っています。
 

回答

 道路上への電柱の設置につきましては、出来る限り少なくなるように東京電力とNTTに対して、沿道の土地所有者の方々、建物所有者の方々に協力を求め、可能な限り民地に入れていただくように要請をしております。道路の本来の目的は、歩行者や車両の通行の用に供することであるため、電柱のような通行の支障となる物件は道路上に無いのが理想ですが、公益上必要な電気・電話等の電柱につきましては、沿道の民地への設置が困難な場合には、通行の安全に配慮したうえで、道路敷地内への設置を認めているものです。
  ご指摘の「朝日通り」につきましては、沿道に商店等が多く、道路境界のすぐ近くに多くの建物が立ち並んでいるため、民地に電柱を設置できるスペースが少なく、仮に電柱自体が設置できるスペースがあったとしても、電線と建物の離隔が確保できないなどの理由により、道路上に電柱の設置を認めざるを得なかったという事情により、現在のような状況になっているものです。
  ○○様のご提案のように、すべての電柱を道路敷地から出すということは出来ませんが、電柱設置後の年数の経過により、建物の建て替えなどが行われ、民地に設置可能となった箇所もあると思われるため、東京電力、NTTと協議をして、移設が可能な電柱につきましては、移設を要請して行きたいと考えております。また、道路の左右の電柱が近接している箇所につきましても出来る限り解消できるよう、東京電力、NTTに要請をして行きたいと考えております。
 (平成21年4月23日 回答)
 

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら