農業集落排水事業等について(平成22年2月4日回答)

意見・提言

 仁手自治会が陳情いたしました次の事業はどうなっているのでしょうか。

  1. 農業集落排水事業について
  2. 市道140号線延伸について
     

回答

 仁手自治会から陳情がありました、「農業集落排水事業について」でございますが、現在、本庄市では、公共下水道、農業集落排水、合併処理浄化槽などの生活排水処理施設の効率的かつ適正な整備を進めることを目的として、生活排水処理施設整備構想の見直し作業を行っている状況であります。
  見直し作業手法につきましては、公共下水道、農業集落排水、合併処理浄化槽、それぞれの建設費及び維持管理費を、埼玉県が作成した「市町村生活排水処理基本計画等見直し作業マニュアル」で定められた費用関数を用いて算出し、費用比較を行います。
  効率的かつ適正な整備を進めるためには、最も安価な整備手法を採用することが基本となりますが、総合的な判断に基づいて整備手法を決定することとなります。平成22年度中に新しい生活排水処理施設整備構想を策定し、この構想に基づいて、それぞれの事業を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。
  次に「市道140号線の延伸について」ご回答いたします。昨年12月24日、おかげさまで、この路線の一部(国道17号から県道本庄妻沼線の区間)について開通式を行い、供用開始いたしました。これにより、平成16年度既に供用開始している区間(県道本庄妻沼線から市道3366号線)とあわせ760メートルの区間が現在の整備済み区間でございます。
  さて、ご質問の藤田保育所から先(北へ)の整備計画につきましてですが、現在、大宮国道事務所において進めております国道17号バイパスとなる本庄道路の整備計画が具体的になった時点で地域にふさわしい整備のあり方を考えてまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。
 (平成22年2月4日 回答)
 

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら