スケートボード場の充実を(平成23年5月26日回答)

意見・提言

 僕はスケートボードが趣味です。週末いつも金鑚ふれあい公園でスケートボードをしています。以前、金鑚ふれあい公園にはグラインドボックスというスケートボードの技をする台があったようです。でも、今は撤去されてしまって金鑚ふれあい公園にはRしかありません。伊勢崎市や深谷市にあるスケートボード場にはいろいろな設備があり、たくさん人も集まっています。そういう設備があるからこそ、レベルアップにつながるんだと僕は思います。以前、市長への手紙で「総合公園にスケートボード場を」という要望を送った人がいるようです。伊勢崎市や深谷市などにあるスケートボード場程の設備は望みません。スケートボード場を作るには、莫大な費用がかかります。金鑚ふれあい公園のスケートボードをするにあたっての注意書きで「レール、台などの補助用具の持ち込みは禁止です」と書かれています。ですが、せめて金鑚ふれあい公園にグラインドボックスを1つ設置すれば、今よりもっと人が集まり、レベル向上とスケートボードを通しての人とのコミュニケーションになると思います。
 

回答

 ご存じのとおり金鑚ふれあい公園は、スケートボード、ローラースケートなどのできる広場があります。しかしながらこれは、スケートボード専用ではなく多目的の広場として、みなさまにご利用いただいているものです。
  過去に無断で木製の施設を設置した例があり、近隣の方にご迷惑をかけた事例がありました。このため公園利用に関しての注意書きを設置し、他の利用者や近隣に迷惑をかけないように利用方法の制限を行っているものです。したがいまして、○○様のご要望にお応えできないのが現状でありますので、ご理解いただきたいと存じます。平成21年度には、この広場を安全に利用していただけるよう床表面の補修工事を実施したところですので、現状で利用いただければと存じます。
 (平成23年5月26日 回答)
 

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら