産業施設誘致、公園の維持管理、宅地と農地の差別化について(平成24年9月18日回答)

意見・提言

 1つは、市内に様々な商業施設を誘致する事についてお尋ねします。
  例えば本庄駅南側にある建物ですが今後の計画はあるのでしょうか?
  私が子どもの頃はニチイでした。その後サティになり、それ以降は駅前にしては閑散としている建物となっている様に感じます。最近までトライアルが入っていましたが・・・
  学生の頃など上の階にあるボーリング場などよく利用していましたが当時の方がまだ賑やかだったように思います。
  また、同じ名前のスーパーなどが近くに複数あり便利ではありますが一消費者から言わせて頂くならば買い物する楽しさというものがあまりありません。
  本庄市内の学校等に本庄駅を利用している学生や若い人達がファッションやブランド等の買い物を本庄市内で買い物できるといった様なアウトレットショップを誘致してみるのはどう思われますか? これからの本庄・早稲田駅の周辺、昔から商売をされているお店も含め老若男女、お隣群馬県などに足を運ばなくても本庄市内で楽しく買い物でき必要な物が揃う様な企業誘致をして下さい。
  2つ目は市内にある公園の維持管理についてです。
  私の家の近くの公園はよく管理されていて散歩しても気持ちがよいです。
  でも、中にはトイレが汚く、雑草、ゴミ、落書や犬のフンなどがひどいと思う公園もあります。最近犬の散歩の途中で公園の草に犬の糞を当たり前のように放置し去っていく人の姿を見て残念な気持ちになりました。勿論、飼い主のモラルやマナーの問題ではありますが、管理整備されていない場所に対してはそれなりの態度をしてしまうものなのかもしれません。マナーの悪いことができない、しづらい環境に定期的に維持管理してほしいです。公園だけでなく周辺も誰もが安心できる整備をして下さい。
  3つ目は宅地と農地の差別化です。
  以前他県に住んだ事がありますが、その住んでいた県の市は住宅地と畑や田んぼ、牛舎、鶏舎といったものと生活エリアとは分かれて区画整理されていました。本庄市の一部地域の場合は後から住宅ができたというものがあるせいなのか差別化され整備されておらず、季節や気候によっては家畜の臭いや燃やした煙で洗濯物が干せない、虫が多くなる、公道に畑の土が散乱しているなどで困るといった話を聞きます。その様な苦情や意見はありませんか?せっかくの住まいや施設をみんなが気持ち良く利用できるように知恵を出し合って区画整理して下さい。
 

回答

 まず、商業施設誘致についてお答えいたします。
  新たな商業施設誘致といたしましては、本庄早稲田駅前に株式会社ベイシアが進出することが決定しております。市では、本庄早稲田駅周辺のエリアを新たな拠点地域として、UR都市機構を施行者とする土地区画整理事業によるまちづくりを進めております。これは、地権者の皆さまやUR都市機構、埼玉県とともに土地の共同化による一体的な土地活用を進めた結果、まちの核となる大型商業施設の立地が可能となり、その後、関係する地権者により「地権者会」が設立され、自らの土地活用として進出事業者を公募し、選定した事業者と交渉を重ねたところ、本年2月に株式会社ベイシアの進出が正式に発表された次第であります。
  発表によりますと、敷地面積は、県内のベイシアモールでは最大級の規模で、店舗につきましては、ベイシアをはじめ、ホームセンター、家電量販店、自動車用品専門店といったグループ会社のほか、専門店として書籍などの大型店や駅寄りのところには飲食店などが配置される計画とのことでございます。
  市といたしましても、大規模商業施設の立地が決定したことは、周辺の土地活用を誘引し、賑わいの創出と地域の活性化に資することになり大変意義のあることと考えております。
  なお、本庄駅南側にある建物についてですが、市の顔とも言える場所であるため、市といたしましても、地権者や地元の皆さまとも意見を交わすなかで、助言等を行ってまいりたいと考えております。
  次に公園の維持管理についてですが、現在市内には120余りの公園・緑地があり、これらの公園を3地域に分け、指定管理者により管理を行っております。
  指定管理者とは、多様化するニーズに、より効果的・効率的に対応するため、民間事業者の能力やノウハウを活用し、市民サービスの向上と経費の縮減等を図ることを目的に、公共施設を指定した者に管理していただくものです。
  指定管理者は、それぞれの公園を利用者が安心して利用いただけるように、週に一度見廻り、その状況を確認し、記録・報告を行っています。見廻りの際、犬の糞や落書きなどを見つけた場合には、すぐに清掃や落書き消しなどを行うようにしております。雑草などにつきましても同様に除草し、快適に過ごせるよう努めております。
  公園を朝夕に散歩する人も多く、犬を連れての方も多く見受けられますが、犬の散歩をする人の中には、マナーを守らない方もおり、苦慮しているところでございます。
  このため、飼い主の皆さまへ注意看板の設置など行っている状況でございます。今後も、快適な公園づくりに向け取り組んでまいりますので、お気付きの点がありましたら、都市計画課までご連絡をいただきたいと存じます。
  次に、宅地と農地に関する土地利用についてお答えいたします。
  市では、まちづくりの基本理念と将来像を定めた「本庄市総合振興計画」を策定し、これに基づき、だれもが住みやすい調和のとれたまちづくりを目指し、都市計画法に基づき土地利用の規制や誘導等を行っております。
  振興計画の中には、土地利用構想が定められ、市内を「自然環境共生ゾーン」「田園環境調和ゾーン」「快適市街地形成ゾーン」「発展創出ゾーン」の4つのゾーンに区分し、それぞれ土地利用方針を定めています。ご指摘の宅地と農地についてですが、「快適市街地形成ゾーン」については、市街化を促進し、住宅地・商業地を創出していく区域として、「田園環境調和ゾーン」は、無秩序な開発を抑制し、優良農地を保全するとともに農地との調和を図る区域として位置づけられており、その実現のため、計画的な土地利用の誘導に努めおります。
  また○○様ご指摘の、家畜のにおいや煙、虫等についてですが、市では市民の方からのご意見やご要望をお受けした場合、すぐに対処できるものについては迅速に対応しておりますが、対処が難しい問題につきましては地域住民の皆さまと相談し、協力して問題解決に努めている現状でございますので、ご理解いただきたいと存じます。
 (平成24年9月18日回答)
 

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら