本庄早稲田駅北口の喫煙所について(平成29年7月18日回答)

意見・提言

 毎日、本庄早稲田駅から通勤しています。北口ロータリーに喫煙所がありますが、通勤時に煙が流れてきて非常に不快かつ副流煙の影響を懸念しています。喫煙所が玄関口で不特定多数が利用する駅前に存在する事が信じられません。

 先日は中学生の修学旅行生を見ましたが、丁度、喫煙所の近くに集合していて、タバコの健康被害を受けやすい子どもに受動喫煙をさせている状態です。この場所は屋根がある為、雨天時などは仕方なくこの場所を集合場所にしている様です。

 直ちに、この様な喫煙所は撤去して頂きたいと思いますので、現場と現実を確認頂き対応をお願いします。

回答

 近年、受動喫煙による健康への悪影響が指摘されるなか、公共スペース等においては、禁煙や分煙などの受動喫煙防止対策を講じることで、利用者の健康への悪影響を排除していく必要性があります。

 本庄早稲田駅には、現在北口・南口それぞれに1箇所ずつ喫煙場所を設置しております。ご指摘いただきました北口は、特に駅利用者も多いことから、喫煙場所の位置の移動や屋外喫煙場所の周囲に分煙パネルを設置するなど、より煙が流れにくくするなどの対策を検討してまいりたいと存じます。

(平成29年7月18日回答)

 

お問い合わせ先
企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら