「お礼とお願い」 (平成29年10月分)

 みなさんおはようございます。10月になりました。月いちメッセージをお送りします。
 本日はいくつかの御礼と、合わせてお願いを申し上げます。
 まず一つ目は先月21日の、天皇皇后両陛下の奉送迎についてのお礼です。当日に至るまでの、県当局や警察との打ち合わせ、市民へのお知らせ、草刈りや道路などの安全確認、そして当日の各奉送迎場所での市民への対応等、多くのみなさんにさまざまな分野でご尽力いただきました。
  21日は天気も快晴となり、沿道また本庄早稲田駅ロータリーには市内外から大勢の方々が集まり、大歓声で両陛下をお見送りしました。私は議長と共にホームでお見送りさせていただき、天皇陛下からは「このたびは、どうもありがとう」とのお言葉を賜りました。これは奉送迎に関わったすべての人々に対して賜ったお言葉と感じましたので、謹んでみなさんにお伝えいたします。
  二つ目のお礼と、お願いです。先月の月いちメッセージで、次期の行政改革実施計画策定に向けて、各課単位で、また個人から、たくさんの提案を寄せてほしいと呼びかけましたが、おかげさまで事務局には各課から83件、個人からはなんと119件もの提案が寄せられました。一つ一つ読ませていただきましたが、それぞれ感じ入るところがありました。たくさんの提案が寄せられたことはとても有難く、頼もしく思うところです。
 今後の取り扱いですが、行革の趣旨にそぐわないと思われる極少数のものを除いて、ほとんどの提案は何らかの形で今後活かして行くべきと思いました。
  提案の中身を見てみると、各課がその気になればすぐにでもできるのではないかというものや、市役所全体として改善に向けて意思決定が必要なもの、そして一定の時間やかなりの予算が必要なものまで多岐にわたっております。
 寄せられた提案の整理作業を行い、優先順位をつけ、実施方法を定め、組織として実行に移し、そしてその効果を検証し次につなげるといった作業を、今後みなさんとしっかりとやり遂げたいと思います。
 今回の行革の実施計画策定の三本柱は「市民に分かりやすい市役所にしよう」「職員みんなで効率的・効果的に仕事をしよう」「安定した財政で未来へつなげよう」です。これらの実現のため市役所一丸となって努力したいので、引き続きみなさんのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
 三つ目のお礼と、お願いを申し上げます。昨日10月1日、シルクドームで本庄市広報観光大使の就任式と、はにぽんフェスティバルが盛大に開催されました。みなさんには準備段階そして当日のお手伝いと、さまざまな面でお世話になりました。携わっていただいた方々、一般参加者として参加してくれた方々も含め、本当にありがとうございました。特にはにぽん、お疲れ様でした。
 観光大使就任式では、清水章吾さんが残念ながら体調不良のため急遽欠席され、内田航平選手と井上小百合さんのお二方に大使の委嘱状と本庄絣の名刺入れ、そして大使の名刺をお渡しし、合わせて内田選手にはスポーツアンバサダー、井上さんにははにぽんアンバサダーに就任いただきました。
 トークショーではお二人とも、自分の目標に向けてひたむきに進む姿勢、そして周囲の人々への感謝を忘れない気持ちを率直に語っていただき、私も聴いていてとてもすがすがしい気持ちになりました。このすがすがしさは、先月、松川未樹さんと黛英里佳さんに委嘱状をお渡しした時にも感じたところです。
 さすが自分の道を苦労しながらも前向きに、ひたむきに進んでいる方々は素晴らしいと感じた次第です。そのような方々に広報観光大使になっていただいて良かったと思います。
 たくさんの課題がありながらも、今本庄市は都市としての求心力が増してきていると思います。本庄早稲田地区の地価の上昇率は県北地域で突出していますし、子育て世代の転入人口の増加も見られます。
  こうした中、まだまだ足りないのは情報発信力であると思います。本市の情報発信力が高まることは、その相乗効果として市民が自らのまちに更なるプライドを持つことや、市のブランド力の強化にも必ずつながります。
 そのためにも本庄市にゆかりがあり、現在外の世界で大いに活躍している、個人として発信力のある方々のご協力をいただくことはとても効果的です。今回の広報観光大使の委嘱の理由は、まさにそういうところにあるとご理解ください。
 今後市政運営のさまざまな場面で、広報観光大使のみなさんを効果的に活かしていただき、より一層の情報発信力の強化に努め、本市のブランド化を図り、本庄プライドの昂揚に努めていただきたく、みなさんには宜しくお願いいたします。
 以上で月いちメッセージを終わります。朝晩だんだん寒くなります。お身体には十分気をつけて頑張ってください。

お問い合わせ先
企画財政部秘書広報課広報広聴係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1155
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら