ひとり親家庭等医療費の助成

市では、ひとり親家庭等の健康と福祉の増進を図ることを目的として医療費の助成を行っています。ご利用にはあらかじめ登録が必要となりますので、子育て支援課(市役所2階)又は市民福祉課(アスピアこだま1階)へお問い合せください。

助成対象となる人 (一定の所得制限があります。)

  • 母子家庭又は父子家庭の親と児童
  • 養育者(親がいないため、親に代わって児童を育てている家庭の保護者)と児童
  • 父又は母に一定の障害がある家庭の母又は父と児童

(注意)児童とは18歳に達した日以後の最初の3月31日までの間にある子、又は一定の障害がある20歳未満の子です。

助成の対象となる医療費

健康保険の適用となる医療費(一部負担金)及び入院時食事療養標準負担額(加入の健康保険から高額療養費や付加給付金の支給がある場合は、その額を差し引いた金額。)
(注意)ただし、次のものは助成対象外です。

  1. 保険適用外の費用(例:健診、予防注射、薬の容器代、文書料など)
  2. 学校でのけがなどにより、日本スポーツ振興センター災害共済給付の適用となるもの

(注意)ひとり親家庭等医療費の支給については、市県民税課税者の場合は次のとおり自己負担金が発生するため、この額を差し引いた額が支給されます。

  • 外来の場合:1医療機関につき1,000円(1か月あたり)
    ※院外処方の薬代の場合は、自己負担金を控除しない。
  • 入院の場合:1医療機関につき1,200円(1日あたり)

登録手続

子育て支援課(市役所2階)又は市民福祉課(アスピアこだま1階)で下記の必要書類をご用意の上、登録の手続きを行ってください。
登録に必要なもの

  1. 申請者と児童の健康保険証
  2. 申請者名義の通帳
  3. 印鑑(朱肉を必要とするもの)
  4. 申請者と児童の戸籍謄本(申請者が養育者の場合は、児童の父母の戸籍謄本又は除籍謄本。)
  5. 所得・課税証明書(転入等で所得等が確認できない場合)
  6. その他(必要に応じて)

児童扶養手当を受けている人又は申請中の人は、4は不要です。

医療費の支給を申請するとき

医療機関を受診の際は、窓口で医療費(保険適用一部負担金)を支払ってください。支払った医療費は、次の手続きにより、後日指定の口座に振り込みます。

1. 本庄市及び児玉郡内(上里町、美里町、神川町)で受診した場合
医療機関での受診の際に、「ひとり親家庭等医療費受給資格証」を提示し、「ひとり親家庭等医療費等支給申請書」を医療機関に提出してください。(医療機関が医療費の証明をし、受給者に代わって、診療の翌月に本庄市に申請書を送付してきますので、それにより医療費を振り込みます。)

2. 1.以外の場合及び接骨院等で診療を受けた場合
医療費の領収書を添付した「ひとり親家庭等医療費等支給申請書」を、受診月の翌月以降に子育て支援課又は市民福祉課に提出してください。

ひとり親家庭等医療費等支給申請書

用語解説
標準負担額  児童扶養手当  ショートステイ  学童保育  戸籍謄本

(注意)「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、運営元までお問い合せください。

お問い合わせ先
福祉部子育て支援課給付係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1130
ファックス:0495-25-1145
児玉総合支所市民福祉課保険子育て係
〒367-0298
埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地
電話:0495-72-1333
ファックス:0495-72-1630
メールフォームによるお問い合わせ