母子家庭自立支援給付金支給事業

本庄市では「働きたい」と考えている母子家庭のお母さん及び父子家庭のお父さんを対象に、就業促進のための給付事業を実施しています。

自立支援教育訓練給付金事業

職業能力開発のための講座を受講し、修了した場合に受講料の一部を支給します。

対象となる講座
雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座等(ホームヘルパー・医療事務等)

対象者
次のすべての条件を満たす母子家庭のお母さん及び父子家庭のお父さん

  • 本庄市内に住所を有する人
  • 児童扶養手当を受給しているか、同等の所得水準の人
  • 教育訓練を受けることが適職につくために必要な人
  • 訓練給付金の支給を受けたことがない人

支給額
(1)雇用保険制度から一般教育訓練給付金の支給を受けることができない方
  受講のために支払った額の60%に相当する額
  (注意)上限20万円。12,000円を超えない場合は支給されません。

(2)雇用保険制度から一般教育訓練給付金の支給を受けることができる方
  (1)に定める額から雇用保険制度から支給される一般教育訓練給付金の額を差し引いた額

申請方法
事前相談が必要となります。相談の結果、対象となる人は受講前に対象講座の指定申請をしてください。指定を受けた対象講座を修了後1か月以内に給付金の支給申請をしてください。

指定申請の特例  ~事前相談を受けられなかった方へ~
雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座を受講中で、一般教育訓練給付金の受給資格がある方は、すみやかに対象講座の指定申請を行ってください。

高等職業訓練促進給付金事業

資格取得のため、1年以上養成機関等で修業する場合に手当を支給します(36か月上限)。また、養成過程を終了後、一時金を支給します。

対象となる資格

看護師、准看護師、保育士、介護福祉士、作業療法士、理学療法士、歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師等
(注意)通学制が原則ですが、養成機関が遠隔地にあるため通学が困難な場合や、働きながら資格取得を目指す場合等、通信制の利用ができます。

対象者

次のすべての条件をみたす母子家庭のお母さん及び父子家庭のお父さん

  • 本庄市内に住所を有する人
  • 児童扶養手当を受給しているか、同等の所得水準の人
  • 養成機関で1年以上のカリキュラムを修業し、資格取得が見込まれる人
  • 仕事または育児と、修業の両立が困難な人
  • 訓練促進費の支給を受けたことのない人

支給額(月額)

訓練促進費給付金

市民税非課税世帯:100,000円
市民税課税世帯:70,500円

入学支援修了一時金(養成過程修了後)

市民税非課税世帯:50,000円
市民税課税世帯:25,000円

申請方法(訓練促進費について)

事前相談が必要となります。相談の結果、対象となる人は修業を開始した日以降に、支給申請書を提出し、支給が決定された場合は、毎月促進費請求書を提出してください。

申請方法(入学支援修了一時金について)

事前相談が必要となります。相談の結果、対象となる人は、修了日以後に支給申請書を提出してください。

お問い合わせ先
福祉部子育て支援課給付係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1130
ファックス:0495-25-1145
児玉総合支所市民福祉課保険子育て係
〒367-0298
埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地
電話:0495-72-1333
ファックス:0495-72-1630
メールフォームによるお問い合わせ