上手な水分補給のポイント

 熱中症は、気温の高い場所にいることで、体温を調節する機能が狂ったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こります。そのため、熱中症を防ぐためには、上手な水分補給をすることが重要になります。

 

ポイント1

 時間を決めて、こまめに水分補給をしましょう。

 喉が渇いたと感じたときにはすでに体内の水分は不足している状態です。運動の前後や運動中、食事時、入浴前後、睡眠前、起床時などには時間を決めて、こまめに水分補給をしましょう。

 

ポイント2

 スポーツドリンクや経口補水液を利用しましょう。

 水分に塩分や糖分が加わると効率よく体内に吸収されるため、運動時などに多量の汗で水分と塩分を、カロリー消費で糖分を失っているようであれば、スポーツドリンクを利用すると良いでしょう。また、下痢や嘔吐、発熱、激しい発汗などで脱水症状になっている時には電解質を多く失うため、スポーツドリンクに比べ、ナトリウムやカリウムといった電解質の量が多く、体内への速やかな吸収に優れている経口補水液が適しています。

 

ポイント3

 夏野菜を積極的に食べましょう。

 私たちは普段から食べ物からも水分補給をしています。スイカやトマト、きゅうりなどの夏野菜には水分が多く含まれているため夏場の脱水対策に適しています。

 

 

 

お問い合わせ先
保健部健康推進課(保健センター内)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールフォームによるお問い合わせ