【4月15日更新】市職員の新型コロナウイルス感染に関する情報

【4月15日更新】自宅待機職員の職場復帰について

 新型コロナウイルスに感染した職員と同じ職場にいたため、4月2日午後より、念のため自宅待機をさせていた職員全員が、本日職場復帰しました。自宅待機期間中は、毎日健康観察を行い、特に発熱等の異常は認められませんでした。

 なお、陽性が確認された職員につきましては、現在、症状は落ち着いておりますが、陰性が確認され、保健所の判断を頂いた後、復帰となる予定です。

【4月4日更新】本庄市役所職員における新型コロナウイルス感染症患者発生について

 令和2年4月4日、本庄市役所職員(市外在住)に、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたので、以下のとおりお知らせします。

1 当該職員について

 当該職員は、20代男性、市外在住者で、3月まで児玉総合支所、支所市民福祉課に勤務しており、4月3日にPCR検査を受けた結果、翌4日に陽性反応が確認されたものです。

2 当該職員の経過・症状等

 当該職員は、3月21日に市外において、友人(市外在住)と昼食をとり、その後、3月23日から3月31日まで児玉総合支所、支所市民福祉課において通常勤務をしていましたが、4月1日に発熱があったため出勤せず、同日より休暇を取得しています。なお、4月2日に一緒に昼食をとった友人に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたものです。

3 当該職員の勤務状況及び、市民、市職員への感染の恐れについて

 当該職員は、3月23日から3月31日まで窓口対応を含む通常勤務をしておりましたが、勤務中はマスクを着用し、通勤には自家用車を使用していました。

 保健所によると、当該職員が発熱したのが4月1日であり、その日から出勤しておらず、窓口対応の市民や同僚の職員については、本人に症状が出た後に接触した人がいないことから、業務中において、いわゆる濃厚接触者はいないと判断され、不特定多数への感染の恐れは低いとのことでした。

 当該職員の同僚の職員については、窓口で対応した方々同様、感染の恐れは低いものの、執務や昼食、会話などで長時間の接触が考えられること、引き続きその職場において執務することによる市民の不安感に配慮が必要との判断から、市として念のため14日間の自宅待機とすることにしました。

4 体調等に不安を覚える方へのご案内

 なお、体調等に不安を覚える方や、新型コロナウイルスに関する相談は、下記の連絡先までお問い合わせください。

 

新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

  電話 0570-783-770(24時間対応)