子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨の差し控えについて

 平成25年4月より、小学校6年生から高校1年生相当の女子を対象に、予防接種法に基づく定期接種が始まった子宮頸がん予防ワクチンについては、現在、積極的な勧奨を一時的に差し控えています。
 
 厚生労働省によると、平成25年6月14日に開催された専門家の会議において、定期接種を中止するほどリスクが高いとは評価されませんでしたが、接種部位以外の体の広い範囲で持続する疼痛の副反応症例等について十分に情報提供できない状況にあることから、接種希望者の接種機会は確保しつつ、適切な情報提供ができるまでの間は、積極的な接種勧奨を一時的に差し控えるべきとされました。

 ただし、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種自体を中止するものではないため、希望者は継続して接種を受けることができます。接種を希望する人は、有効性及び接種による副反応等について、十分に理解した上で、接種を受けるようにしてください。なお、予診票は、母子健康手帳をご持参いただき、本庄市保健センターまたは市民福祉課(アスピアこだま)にて交付いたします。

  このたび、厚生労働省において、最新の知見や会議の議論を踏まえて、子宮頸がん予防ワクチンについてのリーフレットを作成しました。厚生労働省のホームページでリーフレットをご覧いただくことができます。

厚生労働省のホームページはこちら

お問い合わせ先
保健部健康推進課(本庄市保健センター)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールフォームによるお問い合わせ