予防接種

子どもたちの感染症予防のために予防接種を行っています。抵抗力(免疫)を確実につけるためにも接種を受けましょう。
受ける際には次の点にご注意ください。

保護者が連れて行きましょう
お子さんが安全に予防接種を受けるために、日ごろのお子さんの体質や体調を把握している保護者が同伴することが法律で定められています。
(注意)保護者が同伴できない場合は、お子さんの日ごろの健康状態をよく理解している親族等が同伴することもできます。(親族等が同伴する場合は、保護者があらかじめサインをした予診票を持参してください。また、接種当日には、同伴した人の署名も必要になります。)

予防接種への理解を深めましょう
予防接種の効果や副反応、予防接種健康被害救済制度等について、予防接種の通知に同封する『予防接種と子どもの健康』をよく読み、十分に理解したうえで接種を受けてください。

予防接種には時期や接種間隔があります
予防接種の種類によって接種時期(月齢)や接種間隔が定められています。
定められた接種時期を過ぎてしまうと任意接種となり、費用も自己負担になります。ご注意ください。

予診票は大切なものです
予診票はお子さんの体調を医療機関が確認する大切なものです。接種する時には必ず持参してください。また、予診票は定められた時期・医療機関で使用していただくと接種費用が無料になる用紙です。接種まで大切に保管してください。

市内に転入した場合

本庄市では、予防接種の予診票は赤ちゃん訪問時(通常、生後1か月前後に実施しています)にお渡ししています。
転入されたお子さんに対しては、接種履歴を確認のうえ必要な予診票などをお渡ししますので、お手数ですが健康推進課(保健センター内)又は市民福祉課(アスピアこだま)へお越しください。

持参するもの  母子健康手帳又は予防接種の接種履歴が確認できるもの

各予防接種

予防接種の種類

定期予防接種

接種方法

市と契約している医療機関で接種

予防接種名
  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • ポリオ
  • 四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)
  • BCG
  • 麻しん風しん混合(MR)第1期・第2期
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 日本脳炎第1期・第2期
  • 二種混合(ジフテリア・破傷風)
  • 子宮頸がん予防(HPV)
  • B型肝炎
  • 高齢者インフルエンザ
  • 高齢者用肺炎球菌

接種時期と接種間隔など

各予防接種の接種時期や接種回数については下記記載の、
令和元年度予防接種の対象者(乳幼児編)(PDFファイル) 又は
令和元年度予防接種の対象者(学童編)(PDFファイル)  をご覧ください。

予防接種をうける場所

個別接種は本庄市・美里町・神川町・上里町と契約している医療機関で接種してください。

医療機関の一覧は下記記載のPDFファイルをご覧ください。

個別接種の流れ

予診票を受け取る:赤ちゃん訪問時(通常、生後1か月前後に実施しています)にお渡しします。
(注意)転入された人や予診票を紛失した人は、健康推進課(保健センター内)又は市民福祉課(アスピアこだま)まで母子健康手帳を持参のうえお越しください。
 ↓
医療機関へ予約をする
接種できる医療機関については下記記載のPDFファイルをご覧ください。
 ↓
(接種当日)予診票を記入し、予約した医療機関へ行く。体温は医療機関で測ります。
 ↓
医療機関で予防接種をうける。
 ↓
体調の変化に気をつけて生活してください。

ヒブ・小児用肺炎球菌

平成25年4月1日から、定期予防接種になりました。接種開始時の年齢により接種回数が異なります。

ヒブ   厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン(Hibワクチン:2014年3月作成)

生後2月~7月に至るまでの間に接種開始の場合は4回
生後7月~12月に至るまでの間に接種開始の場合は3回
1歳~5歳に至るまでの間に接種開始の場合は1回

小児用肺炎球菌  厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン(小児用肺炎球菌ワクチン:2014年3月作成)

生後2月~7月に至るまでの間に接種開始の場合は4回
生後7月~12月に至るまでの間に接種開始の場合は3回
1歳~2歳に至るまでの間に接種開始の場合は2回
2歳~5歳に至るまでの間に接種開始の場合は1回

ポリオ

平成24年9月1日から、ポリオの予防接種が生ポリオワクチン(経口投与)から不活化ポリオワクチン(注射)に変わりました。
(注意)詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ) 厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン (DPT-IPVワクチン:2014年3月作成)

平成24年11月1日から、これまでの三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)ワクチンに、不活化ポリオワクチンを加えた「四種混合ワクチン」の予防接種が定期接種になりました。

BCG  厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン (BCGワクチン:2014年3月作成)

平成25年4月1日から接種対象年齢が「生後6月に至るまでの間」から「生後12月に至るまでの間」に拡大されました。

麻しん風しん混合(MR)  厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン(MRワクチン:2014年3月作成)

麻しん(はしか)は、1回のみの接種では免疫力が低下するため、2回接種することになっています。

令和元年度の接種対象者(麻しん風しん混合)

1期 生後12月~24月未満の人
2期 平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれの人

日本脳炎  厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン(日本脳炎ワクチン:2014年3月作成)  

接種対象者

第1期 生後6月~90月に至るまでの間に3回
第2期 9歳以上13歳未満に1回

(注意)第2期の予診票は、9歳になった翌月に郵送しています。なお、第1期の予診票(3枚)は赤ちゃん訪問時にお渡ししています。

日本脳炎予防接種の特例

平成17年度から平成21年度にかけて、日本脳炎予防接種の積極的勧奨を差し控えていましたが、平成22年度以降は新しいワクチンの接種を再開しています。次の1.または2.に該当する人は、上記の接種期間以外でも接種が可能ですので、現在までの接種回数を確認し、不足回数を接種してください。

1.平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの人
・接種回数 第1期 3回接種
         第2期 9歳以上で1回接種(1期終了後、概ね5年の間隔を空けて接種
                           してください。)
・接種期間 20歳の誕生日の前日まで

2.平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人
第1期の接種が90月(7歳6月)までに3回完了しなかった場合は、9歳以上13歳未満の間に不足した第1期の接種が可能です。

・接種期間 9歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日まで

(注意)日本脳炎予防接種の詳細については厚生労働省ホームページをごらんください。

水とう(水ぼうそう) 厚生労働省リーフレット キョウコノワクチン(水痘ワクチン:2014年7月作成)

平成26年10月1日から、定期予防接種となりました。
接種期間 生後12月から生後36月に至るまでの間
接種回数 2回

二種混合(ジフテリア・破傷風)

予診票は、11歳になった翌月に郵送しています。
接種期間 11歳以上13歳未満
接種回数 1回

子宮頸がん予防(HPV)

平成25年6月14日付で厚生労働省より「積極的勧奨の差し控え」について勧告通知がありました。市では、この勧告に基づき接種の積極的な勧奨を一時的に差し控えています。ただし、定期接種自体は中止していません。接種を希望する人は、有効性及び副反応等について十分に理解したうえで、接種を受けてください。今後、国の新たな動きがありましたら、速やかにこちらのページに最新情報を掲載しますので、ご確認ください。
(注意)詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

対象 小学校6年生~高校1年生相当の年齢(平成15年4月2日~平成20年4月1日生まれ)の女子
接種回数 3回

B型肝炎

平成28年10月1日から、定期予防接種となりました。
対象者は、平成28年4日1日以降に生まれたお子さんです。
接種期間 生後12月に至るまでの間
接種回数 3回

令和元年度予防接種の対象者及び医療機関一覧

令和元年度予防接種の対象者(乳幼児編)(PDF:131.9KB)

令和元年度予防接種の対象者(学童編)(PDF:139.8KB)

予防接種ができる医療機関(平成31年4月1日現在)(PDF:257.9KB)

高齢者インフルエンザ

対象者

(1) 接種日時点で65歳以上の人(昭和29年12月31日以前に生まれた方)
(2) 接種日時点で60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極端に制限される程度の障害を持っている人およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を持っている人(身体障害者手帳1級程度の方)

接種期間

令和元年10月1日(火曜日)~令和2年2月29日(土曜日)

接種回数

年1回

(注意)2回目以降は全額自己負担になりますのでご注意ください。

自己負担

1,000円

・生活保護世帯の方は「受給証」、中国残留邦人等支援受給者の方は「本人確認証」を医療機関に提示すると接種費用が無料となります。

・東日本大震災で被災された方は接種費用が無料となりますので、事前に健康推進課(保健センター内)へお問い合わせください。

・対象者には9月下旬に通知します。通知が届かない場合には、健康推進課(保健センター内)へお問い合わせください。

 

高齢者用肺炎球菌

対象者

(1) 令和元年度に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方(令和2年3月31日現在)
(2) 接種日時点で60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極端に制限される程度の障害を持っている人およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を持っている人

(注意)

※対象の年齢であっても、既に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けた人は対象外です。(過去に自費で接種している場合も対象外となります)

※平成31年1月、厚生労働省が定期接種対象者の拡大の継続を決定いたしました。そのため、引き続き70歳以上の方でも、これまで一度もワクチンを接種したことがない場合は、定期接種の対象となります。

期間

平成31年4月1日(月曜日)~令和2年3月31日(火曜日)

(注意)今年度接種しなかった場合、来年度以降は対象になりませんのでご注意ください。

接種回数

生涯1回

(注意)接種期間を過ぎた場合または2回目以降は全額自己負担になります。

自己負担

2,000円

・生活保護世帯の方は「受給証」、中国残留邦人等支援受給者の方は「本人確認証」を医療機関に提示すると接種費用が無料となります。

・東日本大震災で被災された方は接種費用が無料となりますので、事前に健康推進課(保健センター内)へお問い合わせください。

・対象者には3月下旬に通知しています。通知が届かない場合には、健康推進課(保健センター内)へお問い合わせください。

埼玉県内の医療機関で予防接種をする場合

本庄市、美里町、神川町、上里町以外の医療機関でも、埼玉県内の「接種協力医」であれば、予防接種を受けることができます。「接種協力医」の検索及び実施しているワクチンについては、埼玉県医師会のホームページで確認できます。

埼玉県医師会のホームページはこちら

お問い合わせ先
保健部健康推進課(保健センター内)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。