6月は「食育月間」!

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」!

いつもより少しだけ、「食」について振り返ってみませんか?

平成17年に食育基本法(脚注)が施行され、同法に基づいて平成18年に食育推進会議において食育推進基本計画が決定されました。食育を国民運動として推進し、食育の一層の定着を図るため、食育推進基本計画の中で、毎年6月を「食育月間」、毎月19日を「食育の日」とすることが定められました。

「食育」とは、食育基本法の中で、「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるものと位置づけられるとともに、さまざまな経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」とされています。

(脚注) 食育基本法…国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができるよう、食育を総合的且つ計画的に推進することを目的とした法律。

子どもにも大人にも大切な「食育」。

私たちは食事をすることで、必要な栄養素を身体に取り込み、毎日の生活を送っています。「食べること」は私たちにとって不可欠なものです。生活の一部である「食」は、健康維持・増進に関わるだけでなく、楽しみや喜びでもあります。私たちの心も身体も「食」の上に成り立っているのです。

近年、ライフスタイルの多様化などに伴い、私たちの食生活は大きく変化してきました。その中で、「食」を大切にする心や優れた食文化が失われつつあり、栄養バランスの崩れや不規則な食事などが原因と考えられる生活習慣病の増加や、若い女性を中心にみられる過度のダイエット志向、高齢者の低栄養傾向など、食に関連したさまざまな課題もあがっています。また、食の安全性や信頼に関わる問題や、外国からの食料輸入に依存する問題など、食を取り巻く環境にも大きな変化が見られます。

こうした中で、心と身体の健康を維持し、生き生きと暮らすために、食育を通じて生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育むことが重要です。食に関する知識を身につけ、健康的な食習慣の実践を目指しましょう。

「食育月間」を機会に、自分や家族の食生活を振り返ったり、「食」について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

もっと詳しく知りたい人はコチラもご覧ください

食事のバランスを整えるためのヒント(PDF:275.7KB)

食育の推進|農林水産省(農林水産省ホームページ内のページに接続します)

お問い合わせ先
保健部健康推進課(本庄市保健センター)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。