野焼き(野外焼却)について

野焼き(野外焼却)は原則禁止されています

 廃棄物の野焼き(野外焼却)は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」、「埼玉県生活環境保全条例」により、原則禁止されています。

 法律に適合しない焼却炉等を使用しての焼却も同様です。

野焼きはなぜいけないのか

 野焼きは燃焼温度が低いため、焼却物の種類によってはダイオキシン類が発生することが大きな問題となります。

 また、煙や臭気、飛散した灰により近隣の方へ迷惑をかけたり、火の粉の飛散により火災の原因となる危険性もあります。

ダイオキシン類とは

 ポリ塩化ジベンゾジオキシン、ポリ塩化ジベンゾフラン、コプラナーポリ塩化ビフェニルという3種類物質群の総称で、人の健康にも影響を及ぼすと考えられています。

野焼き禁止の例外

 野焼き禁止の例外は次のとおりです

  • 国や地方公共団体が施設の管理を行うために必要な焼却
  • 災害の予防・応急対策・復旧のために必要な焼却
  • 風俗習慣上や宗教上の行事のために必要な焼却 (例:神社のお焚き上げ など)
  • 農業、林業、漁業を営むためやむを得ない焼却 (例:農業の稲藁の焼却 など)
  • 日常生活上の軽微な焼却 (例:落ち葉焚き、草木染の灰をつくる など)

 

注意点

 この例外に該当する場合であっても、近隣から苦情があった場合や、煙が交通の妨げになる場合など、周囲の生活環境が損なわれている場合は、指導の対象となることがあります。実施する場合は、風向き、燃やす量、時間帯などに注意し、周辺へ最大限の配慮をしてください。

お問い合わせ先
経済環境部環境推進課環境保全係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1173
ファックス:0495-25-1248
児玉総合支所環境産業課環境係
〒367-0298
埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地
電話:0495-72-1334
ファックス:0495-72-4216
メールフォームによるお問い合わせ