本庄市エコタウンの紹介

 本市は、平成20年3月に市・市民・事業者の環境配慮への取り組みをまとめた「本庄市環境基本計画」を策定し、この中で掲げる環境への配慮活動を市全体に広めるため、同年4月に「本庄市環境宣言」を行いました。郷土の偉人塙保己一の遺したことば「世のため、後のため」をまちづくりの基本方針として、市・市民・事業者が一体となって、環境を守るために「何ができるか」を考え、身近なところから一歩一歩着実に環境にやさしい行動をとり、その輪を地域全体に広げていくこととしています。 

 この取り組みの延長上にあるものとして、本市は平成24年5月1日に埼玉県と「埼玉エコタウンプロジェクトの推進に関する協定書」を締結し、共同で再生可能エネルギーを中心とした創エネと徹底した省エネを市内全域で進め、エネルギーの地産地消を目指す取り組みを実施していくことになりました。また、平成24年12月には、市、県、市民、事業者等のそれぞれの役割や具体的に推進する取り組み内容を明確化し、エコタウンプロジェクトの推進を図るため、「本庄市エコタウンプロジェクト基本計画・実施計画」を策定しました。

 この計画では、事業の速効性があり、市域全体への普及効果が高く、本市らしい特徴ある取り組みが期待できる新エネルギーの導入、省エネルギー推進のための施策を重点プロジェクトとして位置付けました。また、市全域への展開が可能なモデルを早期に、集中的に構築するために、「本庄早稲田の杜」とその周辺地域を中核的エリアと定め、先導性、モデル性の高いと考えられるプロジェクトを実施しました。

 

重点プロジェクトの紹介(一部)

本庄市エコタウン基本計画・実施計画の実績

 本庄市エコタウン基本計画・実施計画に係る平成26年度(計画の最終年度)までの実績は以下の通りです。

本庄市エコタウン基本計画・実施計画実績報告(3年間の総括)(PDF:1.1MB)

本庄市エコタウン基本計画・実施計画(PDF:3.9MB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。