マイナンバー制度における情報連携の本格運用が開始されます

 マイナンバー制度における情報連携について、平成29年11月13日(月曜日)から本格運用が開始されます。

 情報連携とは、マイナンバー法に基づき、市民の皆さまが行政の各種事務手続きで提出する必要があった書類を省略することができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやり取りすることです。

 本格運用が開始されると、マイナンバーを用いる事務手続きにおいて、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになります。

 ただし、事務によっては引き続き添付書類の提出をお願いする場合がありますので、各種申請等を行う際は事務手続きの窓口までお問い合わせください。

内閣府

総務省(報道資料)